FC2ブログ
まぁ楽しくいこうよ
プロフィール

Pelloty

Author:Pelloty
楽しくいこうよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



隠れミッキー
今回もディズニーネタ。

昨日書いたこととは別の楽しみを書きます。

ディズニーのアトラクションは待ち時間も退屈させないように
建物に入ったら既にその世界へ入り込める作りになっていますよね。

皆さんご存じでしょうが、セットだけではなく「隠れミッキー」を探すのも
待ち時間を退屈させない配慮だと思います。

シーの新アトラクション「ジャスミンのフライングカーペット」の順番待ちに
壁の絵を見ていたら見つけましたよ~。
絵の中の右側の雲がミッキーですね。
IMG_0133.jpg

同じくアラビアンコースト内の、
「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」の順番待ちでも
壁の絵の中にミッキーを見つけました。

小さいですが、岩のくぼみがミッキーの形です。
矢印の所ですが分かります?

順番待ちで止まっていて、見つけたと思ったらちょうど列が動き出して
上手く撮れないんです。
無題

あと、「タートルトーク」のこの絵の中でも見つけました。
IMG_02431.jpg

絵の右上、雲の形がミッキーです。
IMG_0240.jpg

アトラクション内にいっぱい絵があったら、その中の内
どれかの絵のどこかに隠れミッキーがいる(はず)ので探してみるのも楽しいです。

もちろん絵だけではなく、パーク内の岩とかそういう所にもあるので
探しながら歩くのもいいですね。


スポンサーサイト




ディズニー休暇
今年も会社の連続有休制度を使って、我が家恒例の2泊3日のディズニー旅行へ行ってきました。
ですので今回はちょっと長いです。

夏休みが終わったばかりですが、お盆は混むだろうし(いつ行っても混んでいますが特に)
子供が休みで、且つ他のハイシーズンも外したら
この時期になってしまうのです。私は2度目の夏休みってとこでしょうか。

朝7:20頃出発。
東名高速で事故渋滞、首都高に入っても10Kmの渋滞で到着したのは12:30。

ホテルチェックイン手続きを済ませて先ずはディズニーシーに行ったら、
丁度びしょ濡れのショーをやっていました。
そこはちょっとだけ見て乗りものへ向かいます。
IMG_0069.jpg

子供たちが先ず行きたいと言ったのはヴェネツィアン・ゴンドラ。
入ってすぐにあるというのもあるでしょうが、渋めの選択。
いや、船に乗りたいだけだろう。

毎回思いますが、本物みたいな風景に「ほんと、よく造ったな~」と感心します。
IMG_0073.jpg

シーは今年10周年なので、名物うきわまんも「10」の字になっていました。
「0」の字(うきわ)が通常より小さくなって、その分「1」が足された感じでした。
IMG_00901.jpg

疲れたので一旦ホテルへ戻ります。
今回はシェラトンにしました。
部屋からはシーのアラビアンコーストが近くに見えました。
IMG_0109.jpg

で、今回のダメオヤジ度数は10ビアー。
持参したのを早速冷やしていい感じ。
IMG_0107.jpg
IMG_0111.jpg

自分の燃料補給してまたシーへ。
節電と思われる部分があちこちで見られました。
アクアトピアはびしょ濡れコースと通常コースがあったのですが、
びしょ濡れコースはなく通常コースが2つになっていました。
水の循環をやめて節電しているんでしょうね。
IMG_0098.jpg

シーの今年の新ネタ、ジャスミンのフライングカーペットにも乗ることができました。
画像だと分かりにくいですが、空飛ぶじゅうたんの乗りもの。
IMG_01321.jpg

翌日はランドへ行き、今年の新アトラクション「フィルハーマジック」へ入りました。
これはドナルドが主役の3Dアニメで、ミスト・振動も伝わって面白かったです。
IMG_01611.jpg

お昼は事前に予約しておいたショーが見られるレストランで食事。
今回はトイストーリーのウッディーのいるレストラン。
昨年のスティッチのレストランより予約が空いていて取りやすかったです。

各テーブルにキャラクターが来てくれるので子供は喜びます。
IMG_0176.jpg

子供たちが絶対行きたいというので、頑張ってファストパスをゲットしたモンスターズインク。
相変わらず凄い人気です。
IMG_0195.jpg
IMG_0197.jpg

3日目は先にシーへ行き、タートルトークに行きました。
対話型のアトラクションで、お客さんと主役の「クラッシュ」が会話します。
ですのでアニメみたいに決められたセリフを言っているのではなく
その都度クラッシュのしゃべりは違います。
どういう仕組みなんだろ?

「クラッシュ」のトークは笑えます。
IMG_02381.jpg

その他シーで遊んだあと、ランドへ向かいました。
順番待ちの短めな乗りものを選んで乗ったり、
スーベニアメダルを集めに探しまわったりして晩御飯を食べて帰ろうと思ったら
パレードが始まっていました。

たまたまカリブの海賊の前を通ったら長い順番待ちの列がなくて、
待ち時間10分でしたので迷わず並びました。

アトラクション出口から出たら今度は待ち時間5分になっていました。
昼間は1時間以上は待つアトラクションも、パレードが始まると空きますね。
IMG_0274.jpg

結局ランドを出て、車に戻って出発したのが21:00。
子供達はあっという間に爆睡。

帰宅したのは0時を過ぎて疲れましたが、子供は楽しんでくれたので良かったです。



TT-01 ちょっとダイエット
ブラシレスモーターに換えてからしばらく経つ私たち親子もTT-01ですが、
標準のモーターのセンサーケーブルが長くて、
とぐろを巻いている状態でした。

画像の黒い線がそうです。
IMG_9883.jpg

見た目的にかっこ悪いので、タミヤ純正の120mmセンサーケーブルにしてみました。
IMG_9882.jpg

標準の付属ケーブルと比べると半分以下の短さです。
TT-01の場合、モーターとアンプが隣になるレイアウトなのでこの長さで十分です。
IMG_9885.jpg

短いケーブルを付けると今までのモーター配線に沿っていたアールより
小さくなるので、アンプからモーターへの配線も25mm位短くしました。
IMG_9887.jpg
IMG_9889.jpg

センサーケーブルが短くなった分と、
アンプからモーターへのコードが短くなったことで、
7gのダイエットができました。

理論的に実車換算で7Kgのダイエットなので大きいですね。



こぼれません
夏休み中、家族が出かけて私一人でのんびりしていた時、
そうだ、納戸の整頓をしようと思いつきました。
あまりに散らかっていたので。

発砲スチロールの箱が2つ出てきて、
「これは捨て」ということで市の指定ごみ袋に入れますが
大きいので小さく割って袋に入れます。

いつもならバリバリ割ってから袋に入れますが、
そうすると細かいスチロールのカスがあちこちに落ちますよね?

そこで今回はお役立ちネタ。
まず大きいままの状態で袋に入れます。
IMG_0025.jpg

袋に箱を入れた状態で袋の中でバリバリ割るとカスが散らかりません。
う~ん、我ながらナイスアイデアだぜ。
IMG_0021.jpg

って、普通に考えたら当たり前のことか。



TT-01 初めてCタイヤ試しました
本日は私の夏休み最後の日。
また息子とショートカットへ練習に行きました。

他にすることないんかい?と言われそうですね。

走行前に準備する息子。
IMG_0048.jpg

どうしてもコーナー入口でインに寄ってしまう癖がある息子ですが、
今回も派手にやってくれました。

コースのゼブラにひっかけた時にFrホイルが外れてしまいました。
外れたというより、締め付けているナットの形に沿ってちぎれた感じです。

スペアを持っていなかったので、私が履いていたホイルを息子号に移しました。
下に立てかけてあるのが割れたホイル。
真ん中がポッカリ抜けていますね。
IMG_0049.jpg

ということで、私はちょうどサーキットに来ていたK田さんから
タミヤのCタイヤを借りました。
息子号に付けてまた割ったら大変なので私のホイルは息子号に移したのです。

K田さんいわく、「Pelloty君だったら気に入るかもね」と言っていましたが、
それってどうゆう意味なんだ?

Cタイヤに換えてコースイン。
IMG_0052.jpg

いつものAタイヤとは全く違うグリップ感で気持ち良く走れました。
これは今後私のスタンダードになるかと思いましたが、
冬はどうなんだ?と考えたらちょっと考えてしまいました。

店頭のAタイヤとCタイヤを比べたらトレッド面の剛性がCタイヤの方が明らかに高かったです。

う~ん、年間通して使うことを考えたらAタイヤな気もしますが迷います。

そもそも年間通して使おうという考えが甘いと言われれはそれまでですが。
(今までずっとAタイヤだったので)

でも、これは凄くいい感じでしたよ、K田さん。



久しぶりに洗車
本日は久しぶりに愛車ミニの洗車しました。

気になるほど汚れてはいなかったのですが、←気にしないと言うのが正解かも。
塗装面の潤い(?)が無くなってきたので洗車してから艶出しをしようと思ったので。

爪を立てて塗装面を触ると、キーっと引っかかる位です。
学校の黒板に爪を立てて引っ掻くとキーってなったでしょ?
正にその状態。
無題

そうは言っても、このクソ熱い中ワックスを掛ける気力がなかったので
今回はこれで試してみました。

ギターのつや出しで購入した、「Lizard Spit」です。
これをギターに吹いたら凄くつるつるになったし、
以前メーカーHPを見たら車にも使えそうだったので。

主成分はカルナバという物みたいです。
IMG_0044.jpg

先ずは車体の埃を洗って落としますが、
相変わらずシンプルな洗車道具。

いまだにホースでバシャっと水を掛けると
窓ガラスの隙間から水が入って錆びるイメージがあるので
たっぷり水を含ませた柔らかいウエスで洗います。

全く雨中走行をしないわけではないので気持ちの問題ですけどね。
IMG_0042.jpg

で、Lizard Spitを吹いて柔らかいウエスで拭きとります。
最初の画像と比べると、何となくツヤツヤした感じしません?
無題1

触ってみると、かなりツルツルになりました。
ワックスに比べて持続性はどうか分かりませんが、
とりあえずはこれでいっか。



TT-01 フレーム交換
昨日少しだけ時間が開いたので、久しぶりに息子を連れてショートカットへ行きました。

路面グリップも良く、息子は久しぶりにしてはちゃんと走っていましたが、
グリップが良すぎて少しラフな操作をするとどっかに飛んでく位だったので
息子号はプロポのデュアルレートを10%落としたらやりやすくなったと言いました。

それでも相変わらずぶつけるのには変わりはなく、
今回はフレームが割れる寸前でした。
IMG_0019.jpg

拡大します。モーターの横に白い筋が入っています。
どんなぶつけ方したんだ?
IMG_0020.jpg

ということで本日は、ちょっと前にメンテしたばかりの息子号のフレーム交換です。
サスアームピンだけはチェックして、他はメンテしたばかりなのでユニットごとにばらしました。
IMG_0026.jpg

以前書きましたが、私はシャーシを交換する前に仕込みをします。
それがここで、スパーギアを止める部品が当たってしまうので先ずリューターで削ります。
IMG_0027.jpg

削ってから組み立てに入ります。
スパーギアを止めるには樹脂のリングを使いますが
これだと緩いのですぐにシャーシ側にリングが接触してしまいます。

これも大分前に書いたのですが1280メタルで代用してスパーギアに圧入する感じで
緩みにくくしていました。
今回は1280ベアリングで止めてみました。
なんかこれだとフレーム側に接触しても回ってくれそうじゃね?
IMG_0029.jpg

どんどん組み立てていき、バッテリーが乗る部分の四隅+後ろにスポンジを貼って
バッテリーの揺れと傷防止。

最後にポンダーステーを移植してフレーム交換終了。
IMG_0033.jpg

何回もフレーム交換して慣れてはいますが、
やっぱ組む前に作業が入るのはめんどくさいな~。

ニュアンス的に、
カーボンシャーシは最初に瞬着コーティングするのと同じようなもんか。



TT-01 オヤジ号メンテ完了
ちびちび進めていたTT-01のメンテ。
オヤジ号もやっと終わりました。

先日書いた通りユニバーサルシャフトの連結部分がガタガタでしたが、
点検したらクロススパイダー、2mmピンも摩耗していました。
特にFr側がひどかったです。
IMG_0009.jpg

いつもはレースごとに分解・洗浄・注油を行っていたのですが
タミチャレだと、どうせ上位に行けないという諦めから
モチベーションが上がらずさぼり気味だったのも大いにあります。

昨シーズンほどではないですが、直線で離されたらね・・
掛川は直線が長いので余計差が出やすいのかも知れませんが、
そんなのは言い訳でしかありません。

皆同じものを使っているのでその辺がノウハウの差ですね。
IMG_0011.jpg

部品を新調して組んでみてシャフトを回したら、
当然ですが今までのがガタガタだったと分かります。

今回はダンパーをいつもと違う仕様にしたので、
また確認に行きます。
IMG_0012.jpg

まだまだ闘う庶民車TT-01は続きます。



いよいよ明日オープン 「コーヒー アンズスタイル」
追記:こちらの店舗は閉店して、オーナーは現在アンティーク雑貨販売をしています。



会社、RCでお世話になった先輩が独立して立ち上げるカフェ、
「コーヒー アンズスタイル」がいよいよ明日オープンします。
(8/11追記、オープンしたのでタイトルはもう古いです)

昨日は外観と1階を紹介しましたが、更にいきます。

通りに面した入口からだと階段を上り、
裏の駐車場からの入口からだとすぐにカウンターがあります。

台に乗っているのがオーナー拘りのイタリアのエスプレッソマシンで、
その筋の世界戦で使われた物と同じだそうです。
お値段も世界レベルで、イタリアつながりだとバイクのドカティ1198を買ってもまだ余る位。
分かりにくいと思うので簡単に言うと、国産車なら2000ccクラスが買える位。

それを乗せている台はオーナーのハンドメイド。
家具屋もできるんじゃね?

昭和がコンセプトなので、壁のピンクレディも写るようにね~と言うのでこのアングルで。
IMG_9981.jpg

読み方が分かりませんが、こういうメーカーの。
IMG_9977.jpg

物がいいだけじゃんって思われるでしょうが、そうではありません。

先ず豆の選定でたくさんの問屋を回って全て試し、焙煎機も拘りの物を探し、
焙煎してからの時間の違いや、挽いた豆の断面を顕微鏡でチェックしたり
エスプレッソマシンの温度や圧力設定の違いによる味の違い等、
「これまで何千杯試してるか分からない」とオーナーの話しでした。

もちろん、豆の湿度管理も徹底していました。

オーナーがRCをやっていた時もとことんやる人っていうのは分かっていましたが、流石だと感心します。

カウンター上の、中2階から上はテーブルがあります。
昭和がテーマだけあって、
昔のLPレコードがあると思ったらこれがまたオーナーのセンスで
実はメニュー表になっていました。
IMG_9987.jpg
IMG_9988.jpg

いろんな豆を試したんでしょうね豊富にあります。

珍味と言われる(私は詳しくないので知りませんが)コピルアクというのもあります。
オーナーいわく、豆一粒落としたら50円玉落とすのと同じと言われました。
IMG_9961.jpg

そのまま最上階(2階)に行くと更に昭和な匂いがします。
IMG_9991.jpg

上画像の一番奥の席から見たらこんな感じ。

画像の上の方に小さな写真みたいなのが吊るしてありますが、
これもオーナーの配慮で、天井に建物内の空気を回す羽がついているので
手すり越しに下を覗きこんだら頭をぶつけるかも知れないという心配りです。

当然、相当昔のカメラとか飲料の広告を使って注意書きがされていました。
IMG_9965.jpg

まだ昭和が出てきます。
店内に置いてある雑誌や映画パンフが全て昭和50~60年代の物。

ほんとに、どっから買ってきたんだよ?
IMG_9992.jpg

お腹がすいたので食べ物を注文。
昭和に合うメニューということで、ナポリタン(その他数品)があります。
カルボナーラとかありません。
当然あえてナポリタンだと思います。

お客さんに出す食器、箸置き(?)も昔の物です。

ここも相当拘ったようで、
スパゲッチ(あえてパスタとはメニューに書いていない)の麺も、
太麺で自家製トマトソースに合うものを探したようです。
試すと言っても、市販の物のようにちょっとだけ売っているわけではなく
業務用なのでキロ単位で何種類も買って試すしかなかったようでした。

もちろんサラダのソースも自家製、美味しいです。

この店のメニューの味付けで市販のものはありません。
ただ、お好みで掛けるタバスコと粉チーズは別ですが、
粉チーズも10数種類ある業務用の中から
全て試した結果が画像にちょろっと写っている物になったようです。

基本、私は素の味を味わいたいのでどこに行っても
余分な物は掛けませんが、当然このナポリタンも何も掛けなくても美味しいです。

麺がモチモチしていていいです。
IMG_9996.jpg

食事が終わって、カフェラテを注文。

キレイな画を作ってくれましたが、
これが飲んでも崩れないんです。

オーナーは、飲んで崩れるのはダメとのこと。
素人考えですが、それだけミルクの層が厚いってことかな?

私は普段コーヒーを飲まない人ですが、
それでも香りがよくて、飲んだら口の中でフワっと広がって
まろやかな甘みと渋みが独立している感じで絶妙にバランスしているのが分かりました。

この辺が先述の色々試した成果なのでしょうね。
IMG_0005.jpg

普段コーヒーを飲んでいる好きな人も満足の味だと思います。
浜松周辺でこの記事を見てくれたコーヒーが好きな方は一度、
拘りの店「コーヒー アンズスタイル」に一度行ってみてください。
IMG_9990.jpg

コーヒー アンズスタイル
〒432-8017
浜松市中区三組町44-1

090-9903-6070



自家焙煎のコーヒー屋 「アンズスタイル」 8/10オープン
追記:こちらの店舗は閉店し、オーナーは現在アンティーク雑貨販売をしています。



今回はちょっと長くなります。

会社の先輩が昨年、希望退職しました。
かなり条件のいい制度だったのですが、
先輩はそんなのよりも自分の道を見つける感じでした。

もともと何でもセンスが良くて仕事もバリバリ、
又、もうやめてしまいましたが私のRCの師匠でもあり、
とことん拘ってどんなレースでも上位や頭を取る人です。

その先輩が今度はカフェを開くことになり、本日オープン前にお邪魔してきました。

そこでも拘り方は凄いです。

先ずは建物から。
通りに面したとこから見るとこんな感じで、古い洋館風。
実際に古いらしく、現在の建築法ではできない作りだそうです。
IMG_9980.jpg

正面入り口を入ると、ミュージアムみたいになっています。
ここも先輩の拘りで30年以上前の昭和の食器を飾ってあります。
全て新品デッドストックで、どこから買ってきたの?って感じです。
IMG_9979.jpg
IMG_9978.jpg

正面入り口に車1台止められますが、坂を登って裏に回れば5台止められる駐車場があります。
そこからも入れます。
多分こちらの方がメインになるのかな?
裏

ここにも拘りがあります。
看板は古いテレビを改造し、真空管で光るようにしてありました。
又、ポストも20年以上前の物で、郵政省時代の物。

ちなみにテレビは1971年製で、地デジ完全移行前には映ったようです。
IMG_9975.jpg
IMG_9973.jpg
IMG_9976.jpg

もう気付いたでしょうが、このお店のコンセプトは昭和の喫茶店で、
のんびりくつろいで欲しいのです。

店内も昭和に拘り、研究熱心な先輩なので当然味の方も相当拘ったのですが、
(味までは昭和ではないです)
全て紹介するとやっぱ長くなるので続きはまた次回書きます。

コーヒー アンズスタイル
〒432-8017
浜松市中区三組町44-1

090-9903-6070



TT-01 オヤジ号もメンテ始めました
TT-01息子号のダンパー・駆動系メンテが終わり、
オヤジ号のメンテに入っています。

最近Rrホイルの回転方向のガタが大きいな~と思っていたので。

Rrデフのベベルギアが減ってきているのかなと思って分解して確認しましたが、
それよりもRrアクスルのピン穴が広がっているのが原因だったようです。

確かにしばらくノーメンテだったの仕方ないですが、
これはそれだけ観ていないということなので恥ずかしいです。

これだけの摩耗で、ホイルのガタで見ると多分角度で10度以上ガタがあると思います。
IMG_9949.jpg

シャフトは後回しにして、ダンパーメンテ。
息子号もシリンダー以外部品交換したので、勢いで私も交換。

っていうか、このダンパーオイルはスラッジで元の色が分かりません。
IMG_9951.jpg

更に、ロッドガイドも変形していました。
IMG_9953.jpg

ということで、息子号と同じく樹脂部品はすべて交換することにしました。
IMG_9955.jpg

ただ、今回私はダンパーロッドが今までより2.5mm長い物を使うことにしました。
いつものが店頭になかったというのと、
メンテ後の息子号に1mm下がるダウンリテーナーを試しに付けて走ったら
これは意外といいんじゃね?って感じだったので。

車高はそのまま、リテーナーそのままでダンパーロッドが長ければ同じ効果かな?
と考えたのですが、実際に走ってから書きます。

ちなみにこれはTA-04用だと思います。
IMG_9956.jpg

ダンパーをとめる部品も新品にします。
でも実際に使うのは画像下の3点だけ。
IMG_9957.jpg

いろんな機種に対応したいのは分かりますが、
こういう販売形態って消費者にとっては無駄が多いんですよね~。

モデルごとの部品でも、欲しい部品以外にもあれこれ付いてくるのは
メーカーは効率よくても買う側は全く効率よくないですね。

他メーカーはバラで購入できるのに。
なんとかならないの?



DT-02息子号 そういうことか
最近息子が、RCのバギーをやりたいって言わないな~と思っていたら、
何でなのか分かりました。

友達を遊んでいて、サーボセイバーを割ってしまい
とりあえずサーボセイバーを買ったときにもう一個付属していた形状違いの物を付けていたようです。
無題1

でも、それは大きさ(高さ)が違うのでフレームの補強を付けたら
それに当たってしまいステアリングが切れない状態でした。
上図の下に写っている部品が矢印の部品の上にかぶさる感じで付きます。

だから補強部品だけ外れた状態でこっそりしまってあったのか。
怒られると思ったんでしょうね。

ということで部品を購入しましたが、
2個入っているのに高さ違いでもう1個が使えないのはもったいないので
使う方の寸法に合わせて穴を開けて
カットして高さを合わせればいいんじゃね?と思い
穴位置をドリル刃でマーキングしておきました。
IMG_9792.jpg
IMG_9793.jpg

今回は通常の低い方の部品を使いました。
ついでなので、以前TT-01息子号のサーボを換えた時に外したS9450に換えました。
今まではS9551でしたがこっちの方がトルクがありそうなので。
IMG_9795.jpg

あとは補強部品を付けて終わりのはずでしたが、
組み付けて手でタイヤを左右に動かしてみたらまだ引っかかります。

よく見たら、補強部品のリブにサーボセイバーが当たっていた跡がありました。
どうもタイロッドの倒れ方(ピロボールを軸に横から見て前に倒れるか後ろに倒れるか)
によって当たったり当たらなかったりしているようでした。
無題

じゃ、削りましょう。
リブの一部が削ってあるのが分かりますか?
IMG_9799.jpg

補強部品を付けて今度こそ完成。
IMG_9936.jpg

リブを削るだけではまだ少し接触するので
穴を開けとけばよかったかな?
でもまぁいっか。



抽選会のホイル
先日のタミチャレ抽選会で息子が当たったホイルを付けたいというので、
ストックしておいたタイヤを組んでみました。
IMG_9918.jpg

スポークが白でリムがシルバーのホイルですが、
タミヤの今月の新製品リストには8月20日ころ発売となっています。
じゃあなんであるの?と思いましたが、
イベント会場での限定販売品で見たような気がするので
多分それでしょうね。

でも凄く得した気分です。

3ボディで試着したのでイメージの参考にどうぞ。

まず、いつもの息子号ボディに装着。
なんかイメージが違うな~。←若干似合わないともいう。
IMG_9923.jpg

タミチャレ用ボディならどうだ!?
おっ、似合うじゃん。
息子は大満足。
IMG_9926.jpg

ならオヤジ号のタミチャレ用ボディはというと、
かっこいいじゃん!
息子よ、このホイルオヤジにくれ。(笑)
IMG_9929.jpg

いつも白い5本スポークばかり使っていましたが、
大分イメージが変わりますね。

でも私はこれからも5本スポークかゴールドの10本スポークでしょうね。
安いから。

ちなみに今回の画像のホイルはいつも使っている物より2倍高いです。
ゴールドの10本スポークと形は同じでも、塗装塗り分けでコストが掛るんでしょうね。



のんびりやっています 息子号のメンテ
息子のTT-01ですが、先日書いた通りメンテ中。
やっとユニバーサルシャフトの分解・洗浄・グリスアップが終わり、
ベアリングも交換。

サスのピロボールも摩耗していたので、
ずっと使わずに取っておいたTT-01Rのキットに付いていた物に交換しました。

個人的に青いのが嫌いなので使わずに取っておきましたが、
ちょうど手元にあったし息子が好きそうな感じだったので
勝手に付けてみました。
IMG_9911.jpg

ダンパーも現在分解中。
いっぱいぶつけるのでロッドガイド、ピストンのロッドが通る穴が
楕円になってたり径が広がっていないかチェック。
IMG_9915.jpg

意外にも新品と同じ径だったので、そのまま使いますが
ロッドが摩耗している感じだったので交換しようと思います。

こんな感じでのんびりやっています。



あっぱれ
先日書いた、鈴鹿8耐に参加した耕太さんですが
見事に8時間完走、総合27位という素晴らしい結果でした。

彼がこっち(静岡県西部)にいた時から「8耐が目標!」と言っていたので、
念願かなって私も嬉しいです。

しかも世界の舞台で完走、スタート順位よりもポジションを上げてのフィニッシュは
本当に凄いと思います。
IMG_9876.jpg

走行技量はもちろん、長時間走行する体力
(素人考えでも、3人態勢と言っても相当きついと思います)、
そして集中力も凄いと思います。

それも日ごろのトレーニングのたまもの。

あっぱれですね。