FC2ブログ
まぁ楽しくいこうよ
プロフィール

Pelloty

Author:Pelloty
楽しくいこうよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



準備はしたけど
明日は掛川でフタバエポック大会。
先日息子号をメンテしましたが
オヤジ号も一昨日からメンテしていました。

ダンパーの分解チェック・洗浄。
IMG_8953.jpg

バネはショートカット用から掛川用へ少し柔らかくします。
以前にもかきましたが、ショートカットはアスファルトの目が細かく
且つ路面のうねりがないので私はエンジンカー用のバネを使っています。

そのまま掛川で走ると車体が跳ねるので少しだけ柔らかくします。
IMG_8955.jpg

あとはタイヤとモーターをレギュレーションに合わせます。
モーターは、ブラシレス16Tじゃないと話にならないようですが、
持っていないので手持ちのライトチューンモーターでいきます。
IMG_8960.jpg

ライトチューンモーターは2月のタミグラでいい感じだったのですが、
久しぶりに引っ張り出してどんな状態かチェックします。

2個とも同じ位で、まぁ悪くないと思いますが、
ショートカットで16Tの人と走ったら
GTチューンで帳尻が合う感じだったので、
やはりライトチューンだとお話にならないんでしょうね。
IMG_8964.jpg
IMG_8965.jpg

タミチャレ用に用意した320siボディですが、
TT-01の狭いトレッドがちょうど良くフェンダーに収まっている感じ。
フェンダーアーチを気にしなくていいので
もしかしたら、TA、TBよりボディを低くできるのかな?
何となく低くてかっこよく見えるのですが気のせい?
IMG_8969.jpg

昔あったJTCCの車両みたいにRrタイヤをフェンダーにかぶせてみましたが、
さすがにやりすぎか。
IMG_8971.jpg

せっかく準備しましたが、天気予報では雨。
予報外れてくれないかな?


スポンサーサイト




数秒差!
仕事を終えて会社を出る時にはもうすぐ雨が降りそうな空でした。

バイク通勤なので一応カッパは持ってきましたが、
まぁ大丈夫かな?と思いカッパを着ずに帰宅。

自宅まであと2Km弱のところで路面が濡れていました。
よくこの辺を境に降ったりやんだりするんですが、
その時は降っていなかったので「この辺さっき降ったんだ~」と思いながら走行。

車とかで走っていて、「あれ?ここ降ったの?」っていう所ありますよね?
まさにそんな感じの場所です。

どうにか雨に降られず帰宅しましたが、
自宅のカーポートの屋根下にバイクをしまっている時、急に
「ザーッ」っと雨の音が聞こえました。
無題

あと数秒遅かったらびしょ濡れでした。
道路の雨の跳ねが見えますか?

5分位でやんだので通り雨でしょうね。

あと少しで会社とか自宅と言う時に雨に降られるのはよくありますが、
こういう絶妙なタイミングは珍しいので書いてみました。



こうすればいいのか
本日も息子とショートカットへRCの練習へ行きました。

相変わらず、よくぶつけてくれる息子号。
息子は4PKで私は3PKですが、
息子号を借りて操作して「ハンドルは曲げすぎないように」とか
言いましたが、確かに反応が早いと感じていました。

多分息子は初期の反応が良すぎて難しいのでしょうね。
もちろんステアリングスピード、エクスポテンシャルも落としてあります。

お店のスタッフが、「4PKはレスポンスモードが選べるよ」と教えてくれました。

帰宅後、説明書を見たら今の状態は、ハイスピードモードでした。←もっと早く気付けバカオヤジ
IMG_8925.jpg

ハイスピードとノーマルの設定を比べましましたが
ノーマルモードで私の3PKハイレスと同じくらいの感触でした。
車体を浮かせてステアリングを左右に切っただけなので
実際に走ってみないと分かりませんが。

息子は私のプロポだと操作しやすいというので、
もしかしたらノーマルモードだったらちょうどいい感じかもしれません。
IMG_8927.jpg

次回サーキットに行ったら、先ずは今までの状態で走ってもらって、
次にノーマルモードで試してもらって息子の反応をみようと思います。



息子号のギアノイズが気になり・・
最近、息子のTT-01が走っている時のギアノイズが気になったので
3日前から分解チェックしていました。

もうすぐ掛川でタミチャレがあるので、
メンテがてらユニバーサルシャフトの分解清掃・給油、
サスアームピン・ギア総交換等行いました。
IMG_8876.jpg

Fr、Rrのアームを外してまず見つけたのが、
ドッグボーンのピン折れ。

これ、折れるのか~。
IMG_8877.jpg

手持ちのスペアと交換して、
ベアリングもチェックし、ダンパーも完全に分解してチェック・洗浄、
ギアも全て交換しました。

Frキングピンのボール摩耗も進行していたので交換。
後ろに見えるのが新品ですが、
パーティングラインは削っておくと動きが滑らかです。
IMG_8918.jpg

後は組んでいくだけでしたが、
どうもギアカバーを付ける時に何かが曲がっている感じがしたので
新品フレーム、ギアカバー、モーターマウントを用意してクロスチェック。

調べたら、モーターマウントが反っていました。
以前にも書きましたが、結局これがギアノイズも原因だったかもしれません。

右が今まで付けていたDF-02のモーターマウントで、
左のTT純正と比べると厚さが違うのが分かります。
その分ガタつかなくていいんですが、
すぐに反ったり割れたりします。
IMG_8919.jpg

モーターマウントを新品にして、
いちものようにギアの慣らしで完了。
私は1.5V⇔3.0Vのゆっくりしたパルスで最低でも1時間ほど行います。
IMG_8921.jpg

ギアノイズはほぼ間違いなくモーターマウントの歪みで、
交換しなくてもいい所まで交換してしまった感じですがまぁいっか。



思った通り
本日は久しぶりに有休。

先日、ミニの車高調整のことを書きましたが、
Frは右が、Rrは左の調整ネジがずいぶん出た状態で
4輪の車高バランスが取れてるのはなんか気持ち悪かったので再度見直し。

Frの右を上げることで、Rrも上がってそれを補うためにRr左を上げていたのでは?
と思ったので今回は先ずFr両輪を上げてFr左右の調整ネジの出代を合わせました。
無題1
無題2

続いてRrも左右同じ長さに調整。
上図の通り、調整ネジはピッチが荒く1回転で2.4mm位ですが、
レバー比が大きいので相当変わります。
無題

近所を走ってラバーコーンをなじませて車高を見ると、
思った通り、前後左右ほとんどばらつきませんでした。

Frが高かったので後は前後バランスで微調整しました。
もちろん、左右同じだけ調整ネジを回して様子見です。

後はしばらく走って微調整しよ。
今日この作業をしなかったら、
ずっとボディがねじれた状態で走るとこだったので良かった~。



ミニの車高調整
今回もMINIねた。

いまいち車高が前後左右揃わず
ジャッキアップ・ホイル外し・調整・試走の繰り返しでしたが、
調べたらFrは調整ネジ1周で約1cm、
Rrは1/2回転で約1cmというのが分かったので本日も帰宅後調整。

左Rrを上げたら右Frが下がり、対角線上に逆の現象がでるので、
本当は4輪浮かせて調整したほうがいいんでしょうね。
意外とボディ剛性が高いのか?
分担加重の影響も大きいかもしれませんね。

何回も調整しなおしてやっと車高が揃いました。
IMG_8881.jpg

真横から見ると、車高を上げすぎた感じもしますが、
元々最低地上高が低いのでこれ位ないと安心できません。
とはいえフェンダーとタイヤの隙間が大きいですね。
ちなみに若干Rrを高くしています。
やっぱRr高すぎかな?
IMG_8879.jpg

調整ネジで見ると、右Frを伸ばして左Rrを伸ばしたので
ラバーコーンの経たりがバラバラというのを考えても、
そうとう車体がねじれていると思います。

走ると左Rrの方がイニシャルがかかっているので左Rrが硬いです。

もう少し走ってなじませて様子見とします。



MINI アジャスタライド装着 其の二
ミニの車高調整キット取り付けの続きです。
今回は左Rr編。

左のショックを外さなければなりませんが、
その前にトランク内の燃料タンクを外さないとショックを
とめているナットにたどりつけません。

タンクは鉄製のバンドで止まっているだけで、
使う工具は1/2サイズのソケット。
狭い場所なので1/4ラチェットがあると便利です。
IMG_8859.jpg
IMG_8860.jpg

タンクを外すので、燃料は抜けばいいのですが
携行缶をもっていないのでフューエルメーターがエンプティを振り切って
あとはどこまで減らせるか運任せで走って燃料を減らして軽くしておきました。

燃料ホースとセンダー(かな?)の線を外してタンクをずらします。
IMG_8862.jpg

当然タンクをずらす時は、タンクキャップは外しておきます。
ずらしたらキャップをしておきましょう。
IMG_8863.jpg

やっとショックを外せる状態になりましたが、
ショックロッドをモンキーで摘まんでナットを回したら
モンキーが外れてなめてしまいました。

プライヤーで摘まんでもナットが緩まなかったので、
もしかしたらと思い狭い所に入るインパクトを使ったらなんとか緩みました。
めったに使わないですが、あって良かったアイテムです。
IMG_8864.jpg

あとはサクサクいけると思いましたが、ここでもハプニング。
右側はラバーコーンとロッドが簡単に外れましたが、
こっちは固着して外れません。

マイナスドライバーを入れてハンマーで叩いて隙間を広げて
タイヤレバーでこじてやっと外れました。
IMG_8867.jpg
IMG_8869.jpg

外したラバーコーンを見たら、リンクの棒の位置決めが入る
丸く輪の形をしている鉄部分が変形していました。
どうりで外れないわけだ。

叩いて戻そうと思いましたが、そんなに簡単には戻らない強さですので
じゃあ、削ればいいと思い、リューターでリンクの棒の位置決めが入る所まで削りました。

画像の白っぽく見える輪の右側一部の肉厚が薄いのが分かりますか?

荒削りしてから細かい砥石を付けて仕上げたところです。
IMG_8874.jpg

これでやっとアジャスタライドを組むことができて、
左Rrだけで4時間以上かかりました。

部品は付けることができましたが、
ジャッキアップしてタイヤを外して車高調整、走ってなじませて確認したらずれている・・
の繰り返しで何回かやり直しましたがまだ揃わないのでその時は中断。
調べたら、ミニのサスのレバー比はかなり高いようで、
どれだけ回したらどれだけ動くか分かっていないのでトライ&エラーです。

本日も帰宅後作業しましたが、もう少しです。
RCみたいにタイヤを外さず調整できたら楽なんですがね。



MINI アジャスタライド装着 其の一
今日は、一か月位前に購入したアジャスタライドを装着しました。
ハプニングがあって画像が多いので、分けて書きます。

アジャスタライドとは、要は車高調整キットです。
ちなみに、車高を下げたいのではなく、上げたいから付けます。

先ずはショックの取り外しから。
工具サイズは7/16インチ。
ショック上のナットを完全に外さず少し掛った状態でホイルを外しますが、
Rrブレーキのドラムにもジャッキをかけていくと
ショックのナットを外した時にアームが落ちなくていいです。
IMG_8849.jpg

上の画像ではバネが見えませんが、ミニはバネではなく
ゴムの塊がバネ替わりです。

ショックの左奥に見えるのがサスとなるラバーコーンです。
IMG_8850.jpg
IMG_8851.jpg

ショックを外してアームを支えているジャッキを下ろしたら
ラバーコーンと、それにつながるリンクが外せます。

画像中央がそのリンクの部品で、下にあるのが今回付ける
ネジ式車高調整の部品。
左に置いてあるのがラバーコーンです。

ラバーコーンはちょうど、トイレの詰まりを直すスポスポやる道具の
先に付いているのと同じくらいの大きさ・形状です。
ただ、かなり硬いです。
IMG_8855.jpg

逆の手順で組みなおして右側は完了。
IMG_8856.jpg

ほら、トイレの道具に似てるでしょ?
IMG_8857.jpg

ショックを付けて、ホイルを戻したら右側は完了です。
IMG_8858.jpg

左側は時間がかかったので、また次回。



タミチャレ用ボディ試しました
本日は息子とショートカットへ、
タミチャレ用ボディを試しに行きました。

先ずは今までのインプレッサボディで本日の路面の感覚をつかみます。

16:00までグリップの走行枠で到着が15:00位。
着いた時にはほぼ満席でした。
IMG_8845.jpg

タミチャレ息子号(シルビアボディ)は結局ボンネットに付属のステッカーを貼って
前側にもボリュームを持たせました。
IMG_8846.jpg

ボディを変えてコースイン。

オヤジ号の320siですが、
走った感じ大きくはインプレッサと変わらない印象。

ウイングは浅い方で、且つ角度が寝ている方から試しましたが、
インプレッサは旋回する時にルーフから寝る感じですが
320siはRrから寝るという感じで、ややRrを軸に曲がる感じかな~?
インプレッサボディの状態でRrのトレッドを狭めた感じにも少し似ていました。
IMG_8847.jpg

次にウイング角度を立ててみましたが、
抵抗になっている感じだったので元に戻しました。

私は感覚が分かったのでトータル10周もしないでインプレッサボディに戻しました。
タミチャレでしか使わないつもりなので、余分にぶつけないように。

息子は操作しやすいと言ってずっとシルビアボディで走っていました。
タミチャレ前に大分ぶつけてくれました。(汗)



やっと完成
ちびちび進めていたタミチャレ用オヤジ号ボディですが、
やっと完成しました。

ボディマウント高さはいつものインプレッサボディと同じ位置でした。
TT-01はトレッドが狭いですがこのボディは幅が狭いので
フェンダーにタイヤが入り込む感じがしなくていいですね。
で、こんな感じ。
IMG_8811.jpg

息子号も少しステッカーを貼ってデコレーションしてみました。
純正ステッカーの柄が気に入らないようなので。
IMG_8812.jpg

ドアのフタバステッカーは息子が貼りたかったもので、
見た目のバランス取りにサイドステップにスポンサーシールを貼りました。

ボンネット後方とFrフェンダー周りがさみしい感じですが、
息子からボンネットの丸い2.4Gステッカーがかっこ悪いとダメだしを食らったので
もう少し改良します。

いっそのこと、ボンネットに何もない方がいいかもしれませんね。



タミチャレボディ オヤジ号
先日息子号のタミチャレボディを作りましたが、
今日は帰宅後オヤジ号のボディをちびちび進めました。

昨日は窓のステッカーを貼って終わりにしたので
続きでチームカラーやスポンサーデカールを貼っていきます。
IMG_8780.jpg

息子号のウイングは黒で塗りましたが、
私は純正が白なのでオプションのウイングも白で塗りました。

ステッカーって貼るのに結構時間がかかりますよね。
とりあえず今日はここでおしまいにしました。
IMG_8781.jpg

あとはRr周りのスポンサーシールとウイング取り付けで完成です。
ちびちび進みます。



忘れてた
本日もいつものようにブロンコで出勤。

トリップメーターは200Kmを超えたので
走りながら燃料コックをリザーブに入れて、
次の信号待ちからの加速でエンジンがプスプス・・

??でしたが、単純に前回給油した時からコックがリザーブになっていて、
コックをひねってリザーブにしたものだと思っていただけでした。
IMG_8777.jpg
IMG_8779.jpg

なんか薄いな~と思ってからコックをひねっていたら
ガソリンスタンドまで押していたでしょうね。



タミチャレボディ息子号
本日はタミチャレ用ボディの制作続きです。

ステッカー貼りからですが、
毎度毎度の水にぬらして貼るやり方です。
普通か。
IMG_8761.jpg

その間、ウイングは塗装して乾かしています。

窓、バンパー周りのステッカーを貼って車っぽくなったとことで、
ライトのメッキパーツからは息子がやりたいというのでやってもらいました。
IMG_8763.jpg

ウイングも乾いて、リーマーで穴をあけて間もなく完成。
IMG_8769.jpg

シャーシに載せたらこんな感じ。
IMG_8774.jpg

更に墨入れしてみました。
IMG_8775.jpg

マジックで外側から書いただけなので不自然ですが、
走っていればわかりませんよね。(多分)



ボディ塗装してショートカットへ
午前中は、昨日届いたタミチャレ用ボディの塗装準備をしていました。
今までインプレッサのボディを塗る時は、
メタリックブルーの一色でしたので
何も考えずスプレーを吹いても窓のステッカーは元の色が濃いので
メタリックブルーの上から貼っても気になりませんでした。

しかし、今回は320siなので白で塗るので
そのまま吹いて窓ステッカーを貼ったらスモーク窓にならないと思い
初めてマスキングというものをしました。
IMG_8737.jpg
キット付属の型抜きシールとはいえ、非常にめんどくさいですね。
個人のオリジナル塗装する人は凄いと思います。

午後からショートカットへ行ってきました。
息子はレクサス430のボディで走行。
IMG_8754.jpg

しばらく走ってから、いつものインプレッサに交換して走る準備の息子。
やはり「赤いボディのほうがやりやすい~」という結論でした。
IMG_8755.jpg

ちょっとしたら、向かいのテーブルにちょっと前に知り合った
TT-01オーナーの方がきました。

話したら、彼はRrが滑るというので車両を借りて試しに
Pellotyセッティングにして走ってもらったら
かなりいい感じだったようで喜んでもらえました。

私も喜んでもらえて嬉しかったです。

サーキット出発前に、マスキングしたボディを塗装してしたので
帰宅したら乾いていました。
IMG_8758.jpg

オヤジ号用の320siはメタリックブルーで塗ってSWRTカラーにしようとも思いましたが、
スケール感が優先の私は純正色で塗りました。

ただ、ムラがあったのでもう一度重ね塗りしたんですが。
現在カットまで終わったので明日はウイングの塗装とステッカー貼りですね。



タミチャレボディ購入
本日帰宅したら、先日注文したRCパーツが届いていました。
息子のタミチャレ用ボディもあるので
「見る?」と聞いたら「開けたい~」と勢いよく箱に飛びつきました。

散らかって見苦しい画像ですみません。
IMG_8710.jpg

ボディの他に、消耗品も注文しました。
なんでサーボホーンの部品が束で?と思うでしょうが、
TT-01オーナーなら分かりますよね。

実際に使うのはサーボホーンではなく、
一緒に入っている部品です。

それにしても散らかってる見苦しい画像です。
IMG_8711.jpg

で、本題のボディですが、
息子はシルビアでオヤジ号用にBMW 320siを購入。
IMG_8715.jpg

ブラシレス センサー付き16Tじゃないと話にならないようですが、
余裕がないので購入できません。
2台分必要だし。

でも息子は今あるライトチューンモーターで
「ビリでもいいからレースに出たい」と言っていて
純粋に走らせることを楽しんで、いいことです。

私は好きなボディが使えないから楽しさ半減って感じでしたので
今年のタミチャレは私はやめて息子のサポートに回ろうかと思っていましたが、
(大人げなくすねてるようにもとられそうですが、そうではありません)
やっぱオヤジも一緒に楽しもうと思いました。

5月の掛川に向けてボディつくろ。



いいことです
今年のタミチャレ用ボディ選び迷っていて、
先日サーキットの仲間にシルビアとBMW-M3GT2のボディを
借りてTT-01に付けて試走した息子。

ボディの違いで走らせやすさが違うことが分かった息子は
私が以前タミチャレで使っていたレクサスSC430のボディを
クローゼットから引っ張り出して、
「今度いつものサーキットでこれ試したい」とのこと。
IMG_8704.jpg

タミチャレでは使えませんが、
物を変えたらこうなるという探究心(好奇心?)はいいことです。

さんざん迷って、本日ボディその他を注文しましたが、
在庫切れの為もう少しかかりそうです。
何にしたかは届いたらまた書きます。



割れ始めたらストップホール
ちょっと前から、ブロンコで走っていたら加速途中と減速途中の限られた振動領域で
車体前下の方からビリビリと金属が当たっている音が聞こえてきました。

FRフェンダーが緩んだのかな?と思いチェックしましたが緩んでいなくて、
じゃあエキパイのプロテクタが緩んだ?と思いチェックしましたが
こちらも異常なし。
無題1

乗って走らず、止まった状態でゆっくりスロットルを開けると
実はナンバープレートがビビっていました。
全然前下についてる部品じゃねーじゃん。(汗)
無題

以前割れてストップホールを開けましたが、
そこからまた進行して割れたようでした。
ちょうど自賠責ステッカーの裏にクラックがありました。
IMG_8672.jpg

また穴を開けるのですが、
ドリルって持っていても頻繁に使うものではないので先ずは充電から。
でも古いのでバッテリーもダメっぽいです。
IMG_8667.jpg

3mmのドリルでクラック端に穴をあけて終わり。
なんか星座みたいになってきました。
IMG_8677.jpg

これでまたしばらく持ちます。
ナンバープレートが割れてる方は
ひどくなる前にストップホールを開けることをお勧めします。



ショートカットでTT-01
本日は息子とショートカットへ行きました。

久しぶりに小1の娘も行きたいというので一緒に行きました。
暇つぶしに本を持っていきましたが、
「なぜ?どうして?科学のお話 3年生」という本。
女の子は違いますね。

息子はタミチャレ用ボディでまだ悩んでいるので、
ちょうどいたM本君のシルビアボディとK田さんのBMW-M3GT2ボディを借りて
息子に実際に走ってもらって操縦しやすい方にすることにしました。
IMG_8680.jpg

何回かボディを変えながらフィーリングを観ましたが、
息子はどちらもインプレッサよりやりやすいという結論でした。
もちろん細かいことは分からないと思います。

じゃあ、好きな形で選べば?と言うと
迷うとのことで、決まるまでにまだかかりそうです。

私は先回書いたアッカーマンを試しましたが、
これだ!というのが見つからず、こちらももう少しかかりそうです。