FC2ブログ
まぁ楽しくいこうよ
プロフィール

Pelloty

Author:Pelloty
楽しくいこうよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



本日も色々試してきました
本日は、10/4のタミチャレに向けてタミチャレスペックで練習してきました。

サーキットでは、多分店長のかな?と思っていたクスコスバルインプレッサのボディが
しばらく前からピットのテーブル下にずっと置きっ放しでした。

店長に「これ店長の?」と聞いたら、その場にいた私も話をする常連さんの物と分かり、
試してみたかったので貸してもらいました。

今使ってるボディよりもピン穴1段下がりました。
ウイングはノーマルでしたが、とりあえずそのまま走ったら
やはりRrが落ち着きませんでした。
私のボディに付いているウイングを付けて試したら、
かなり切り返しが今使ってるボディよりも鋭くなりました。
IMG_2708.jpg

ボディの感触が分かったので、いつものボディにしてFrダンパーを試しました。
Frの動きが速いような感じだったので、
ピストン3穴・オイル#700から2穴の#500を用意して行きました。

そうするとRrが負ける感じだったので、
店長から#350をわけてもらって現地でオイル交換。
IMG_2710.jpg

2穴の#350を試しましたが、これもまだRrが負けてる感じ。
そのままRrのバネを黄色から青(画像では白ですが、青相当の物)に換えたら
大分良くなりました。
IMG_2711.jpg

そこからRrをそのままに、Frダンパーを最初の3穴#700にしたら更にいい感じでした。
結局、今までの仕様からRrバネを1段硬くしただけでしたが、ずいぶん変わりました。

今度のタミチャレはこれで行こう。


スポンサーサイト




久しぶりにこのボディ
いつもの私と長男のインプレッサボディ。
その上に見慣れないボディが乗っています。
IMG_2702.jpg

これは、10/17に行われるタミグラ掛川のGT3700クラス指定ボディのSC430。
一昨年のタミチャレはこういったGTボディが指定だったので、
まだ保管してあったのをクローゼットから出してきました。

ただ、これ1枚しか残っていないので私はやめて長男に楽しんでもらおうかと思います。
ちょっと前まではSC430ボディの新品2枚ストックがあったのですが、手放してしまいました。
IMG_2704.jpg

TT-01にGTボディを載せると、
トレッドが狭くホイルがフェンダーに入り込んでしまうのでかっこ悪いです。

話は飛びますが、来年のタミチャレでインプレッサ07が使えなくなったらどうしようかな?

何となく、インプレッサでもクスコスバルが指定になりそうな予感がしてるのですが、
そうすると車幅が広くなるのでこんな風にかっこ悪いんだろな~。
IMG_2703.jpg

それよりも、まだインプレッサ07未塗装の標準ボディ1枚と軽量ボディ2枚が
クローゼットにしまってあるんだけど。

まぁ、今からそんな心配しても仕方ないのですが、気に入ったボディが選択肢にあればいいですね。



ジャージ購入
先日、ヘルニア持ちの私は色々調べて
「おっ、これは良さそう」という整体屋を見つけたので行ってきました。

その時私はジーンズで行ったのですが、流石に
「次からはジーンズじゃなく、ジャージで来て下さい、
なければパジャマでもいいですよ」と言われました。

ジャージを持っていない私は、安いスウェットとか整体用に買おうかと思いましたが、
どうせならと言うことで、近所の「ららぽーと」に入っているスポーツ用品店へ向かいました。
IMG_2701.jpg

一着持っていれば、色んな行事で使えますものね。
今まで、地域や子供の運動会もジーンズでしたから。

長男が「女の子がよく履いてるやつだ~」と言いました。
確かに若い子はこういうの履いてますよね。

子供からもそう見えるんですね。

ただ悲しいのは、若い子が履くとファッションアイテムですが、
私のようなオヤジが履くと普通のジャージになることでした。(笑)



ギターメンテ
先日、ギター指板用のオレンジオイルを購入したので
弦の交換ついでに試してみました。
IMG_2686.jpg

以前購入したギターポリッシュと同じメーカーの、
Lizard Spitというメーカーのオイルです。

ポリッシュでも指板にも使えると楽器屋の方が言っていましたが、
色々調べるとやはり専用の物が欲しくなったので購入。
IMG_2688.jpg

こちらが弦を外した状態の、今までの指板。
IMG_2691.jpg

こちらがオレンジオイルで磨いた指板です。
あまり変わらないように見えますが、確かに拭いた布を見ると汚れていたので
汚れは落ちたのでしょうね。
これからの時期に向けて保湿という意味が重要です。
保湿がメインなので。
でも、音は確実に変わるでしょうね。
IMG_2692.jpg

弦を張る前のキレイな状態で撮ってみました。
やっべ~、ギブソン レスポールカスタムかっこよすぎる~。
IMG_2694.jpg

弦を張って弾いてみましたが、
レモンオイルみたいにツルツル滑ることなく自然に弾けていい感じでしたよ。



モーターメンテ
新品状態で17200rpmだったライトチューンモーターでしたが、
1パック走ってそのままにしといたら16500rpmになったので
「モーターってシビアだな~」と今更ながら気付いたのでモーターメンテです。
IMG_2678.jpg

注油してクリーニングブラシでコミュを磨いて再計測したら17200rpmを超えるまで回復。
う~ん、シビア~。

レースの時ってみんな予選毎にやってるの?
私が大雑把すぎなだけでしょうが。(笑)



セッティング講座
本日もいつものサーキットへ長男と練習へ行きました。

バッテリー1本使い切る頃に、仲間のO達君が来ました。
最近、車体は青くしてなんぼ志向から真剣にセッティングにはまってる彼。

サーキット常連のK田さんがアドバイス、真剣に聞くO達君です。
ちなみに、今回の画像は全て長男撮影。
子供目線だとこんな感じに見えるのですね。
無題

K田さんセッティングを施し、コースを走るO達君のTB-03。
見ているだけでも動きがニュートラルな感じになりました。

私もTB-03に乗り換えようかと思ったことはありますが、まだTT-01で拘ってみます。
いいかげん、意固地な頑固オヤジはやめろと言われそうですが。
IMG_2649.jpg

知らない間に、長男に私を撮られていました。
IMG_2625.jpg

明日の走行枠はモーターを換えて、私一人で会社帰りに行こっと。



お得なチケット
本日は、自宅から車で40~60分位のとことにあるパルパルという遊園地へ行きました。
混み具合がその時々で違うので時間はアバウトです。
静岡県西部に住むわたしにとっては、ここが最寄の遊園地になります。

シルバーウィークと呼ばれる連休中の特別企画で、
年間パスが5000円と広告が入っていたので行ってきました。

丁度パルパルの近くのフラワーパークで花博のようなものをやっているので
渋滞を避けるために早めに出発。
開園9:30で、9:00には着いたのですがチケット待ちがこんな感じでした。

今まで見たことのない混み様でした。
IMG_2561.jpg

チケット購入後、登録用にまた列に並びます。
IMG_2562.jpg

登録を済ませて園内へ。
上下するブランコ(ベンチ)で怖がる長男です。
IMG_2599.jpg

通常のアトラクションの他に、
子供が喜びそうなインドアのアトラクションもあります。
IMG_2611.jpg

こういった足こぎスクーターがあったり、
(凄く転がりのいい乗り物でした)
IMG_2617.jpg

スポンジのボールで遊べるところがあったり、
IMG_2613.jpg

他にも遊戯スペースがあったので、
近くの方は年間パスを購入すれば公園代わりに来れますね。

キャンペーン中の金額なら、1年に2回以上来る方は迷わず連休中に年間パスを購入した方がお得です。
もちろんフリーパスなので何でも乗れます。

千葉県舞浜市近くの人がディズニーランド・シーを公園代わりに使うと聞いたことがありますが、
スケールは違うけど気分は分かりました。



本日も会社の仲間といつものサーキット
本日は午前中に美容院へ行ってさっぱりして、
午後から会社の仲間O達君と約束していたいつものサーキットへ行きました。
長男も走りたいと言うので一緒に行きました。

私が着いた時にはO達君が既に走っていて、
O達君はウイングを試しに来たようでした。
IMG_2551.jpg

今日のピットはこんな感じ。
奥がO達君で、手前が私と長男のTT。
IMG_2557.jpg

O達君はウイングの他に足回りもいじっていましたが、
そのころ私は長男のTTをもう少し操縦しやすくする作業をしていました。

先日のタミチャレの前に、
長男のTTをノーマルドッグボーンからユニバーサルシャフトに交換し、
リバウンド調整のネジが使えるようになったので
今までリバウンドは全開だった長男TTにホロービスを入れて、
リバウンドを私と同じにしました。
IMG_2554.jpg

毎度毎度のアクスルセンター高さゲージで、私と同じ寸法にします。
IMG_2556.jpg

調整をし、コースインの図。
今回は練習用に長男はインプレッサ'04ボディです。

長男はリバウンド調整の効果が分かったようで、
大分走りやすくなったと言っていました。
IMG_2559.jpg

帰宅後、本日破損したバンパー修理のついでに
またしても私の部品ストックからワンウェイを出して長男のTTにこっそり入れるのでした。
IMG_2560.jpg

タイトルとは裏腹にO達君の画像が少なくてごめん。
また一緒にチキチキしましょう。



充電器スタンドにアイテム追加しました
先日、レース用に荷物をコンパクトにする為に充電器をユニット化したと書きましたが、
今回はスタンドの空いているスペースにもう1個アイテムを入れてみました。

これが先日のタミチャレ用に用意した充電器スタンドで、
アルミのハードケースに収まります。
IMG_2353.jpg
IMG_2354.jpg

今回はモーターチェッカーを追加してみました。
これならタミチャレ掛川の予選前公式モーターチェック前にどれ位の物か分かりますね。
IMG_2534.jpg

普段の練習で行くいつものサーキットで必要かと言われれば、??ですが。



年1回こうなるの?
今回は久しぶりに自転車ねた。

9/13のタミチャレ前日、けっこう前からパンクしていた自転車の修理をしました。
昨年も同じようにしばらく通勤に使っていて、
しばらく間をおいたらタイヤがペッチャンコでしたが、今回も全く同じ状態でした。

何で放置しているとこうなるのかな?
IMG_2376.jpg

家の納戸に、以前片側だけパンクした時についでだから両方いいのに換えて、
使える方をしまっておいたのでそれを使います。

ホイルを外しにかかりますが、フレームから外れません。
ブレーキのアーム(?)とワイヤを外すのを忘れていていました。
しばらくやってないと忘れますね。←しょっちゅうあっては困るが。
外し忘れ

ホイルを外してチューブを出します。
IMG_2379.jpg

チューブだけの状態で空気を入れて、どこから漏れてるかチェック。
交換するのでいいのですが、一応見とこうかなと。

バルブ取り付けの分厚い部分と通常の薄い部分の境目にかじった跡がありました。
無題1

ストックしてあったチューブと交換して、これで乗れると思いましたが
・・何かシューシュー言ってる。

実はストックしていたのもピンホールが開いていたようで、
結局また乗れない状態が続くのでした。

パンク修理でもいいですが、何となくすぐに駄目になるイメージが強いので
またチューブを買いに行こ。



タミチャレ掛川大会に行ってきました
本日はタミチャレ掛川大会に行ってきました。

いつもレースねただと2回に分けて書きますが、
バタバタして画像が少ないので若干長いですが1回で書きます。

今回は、もう一人会社の仲間のN島君が来る予定でしたが、
体調がすぐれないとのことで欠場し、
いつもの仲間のO達君と一緒にピットを構えました。

季節感のないタンクトップを着ているのは、初レースの長男です。
ピット

ピットを構えてから車体を持って受付に並んでいると、
以前私のブログに書き込んでくれた「チーム吉光」の吉光さんがいたので挨拶せねばとばかりに、
「おはようございます、吉光さんですか?初めまして」とまではいいのですが、
舞い上がってしまい自分の名を名乗る前に
書き込んでくれた方なので、もしかしたら車体で分かるかな?と思い
「これ見覚えありません?」と持っていた車体を見せて一方的で失礼な初対面となってしまいました。
本当にすみません。

こちらはネットで吉光さんの顔を知っていましたが、
吉光さんにしてみれば見たことのない人ですものね。

でも、すぐに気付いてくれて嬉しかったです。


受付後、操縦台へ上がってコースチェック。
今回のコースはこんな感じで、左半分はいつもの広い掛川コースですが、
右半分は特設シケインでウネウネしています。
IMG_2447.jpg
IMG_2450.jpg

ピットではO達君が、子供の退屈しのぎにうってつけのアイテムを出していました。
ナビ用のワンセグTVで、録画再生も出来る便利アイテム。

子供達は録画のアニメを見て喜んでいました。
IMG_2469.jpg

いよいよ長男の初レースです。
タミチャレ第1ヒート、事前に「ポンダー計測ラインを跨いでからスタートラインに向かってね」と
前のクラスの時に実際に見せながら言っておいたので、何となく分かったようでした。

いざスタート!
IMG_2470.jpg

意外と前後の車両が見えているようでした。
広いインフィールドでは前の車に合わせてコントロールしているように見えました。

が、周回遅れになるときの後から速い車が来たときにプレッシャーを感じるようで
レース後半はあちこちぶつけましたがゴールできました。
IMG_2471.jpg

第3ヒートは私の番。
予選2本共、オープニングラップの半分までは良かったのですが
接触して最下位まで落ちます。
その後ミスして脱落していく方がいたので、予選2本共ヒート5位フィニッシュ。
IMG_2477.jpg

O達君と同じヒートで、4・5位争いの図。
IMG_2496.jpg

長男の予選1本目の時、
スタート直前にポンダーをつなげるケーブル長がぎりぎりなことに気付きました。
もしかしたら外れるかも・・と思っていましたが、
やはりクラッシュで外れてしまったようで、
途中から計測ラインを通過しても受信音がしなくなって、6周しかカウントされていませんでした。

完走出来て、楽しめればOKと思っていた私ですが、
長男がせっかくがんばって走ったのに、私のケーブル購入ミスで
カウントされなかったというのは悔しかったので、ケーブル長の長い物を再度購入。

予選2本目は外れず走りきれました。

私と同じ車体、ボディなので油断しており、受信機のコネクター部位置の
微妙な違いがケーブル突っ張りを招いたようでした。
ケーブル

せっかくの初レースなのに悪いことしたなと思い長男に説明しましたが、
「何かあったの~?」って感じでお腹がすいたからおにぎりを食べる子供達でした。
IMG_2506.jpg

リザルトは、私が18位←全く進歩のない親父、
長男が見事完走の24位でした。
リザルト

Bメインはなく、Aメインだけのスケジュールとなったので片付けているときに
長男が初レースの記念に車両を撮影していました。
それがこれ。

左がオヤジプレッサ、右がムスコプレッサです。
IMG_2513.jpg

リザルト上の順位は2人とも下位ですが、
私は十分楽しかったし、長男もレースって楽しいと感じてくれたことで十分です。

長男は次回のタミチャレ掛川にも参加する気満々です。



タミチャレ前日練習
明日に控えたタミチャレ掛川大会に向けて、
いつものサーキットへ練習しに行きました。

メインは長男の練習でしたが、私も車両チェックをしたかったので一緒に走りました。
IMG_2382.jpg

私の車両がおかしかったのでピットイン。
その時、長男の他にK田さんが走っていたのでパチリ。

その後、K田さんリクエストの「アンプのセッティングやって~」というので、
私の考えたセッティングをしたらつぼにはまったようで満足気でした。
パソコン持ってった甲斐があります。
ちなみに、フラット特性から「これだけ!?」って思う位少しいじっただけです。

喜んでくれると私も嬉しいです。
IMG_2383.jpg


長男と走ってると、k田さんが「ブログ用に写真とってあげる」と言うので、お言葉に甘えて。

長男とのランデブーですが、コース仕切りの位置を見ると不自然ですね。
クラッシュ後、脱出して一緒に走り出したところです。

インプレッサ2台追走だと珍しくてかっこいいと思うのは私だけ?
IMG_2405.jpg

走行中の親子の図。
右が長男、中央が私、左の下を向いてるのが長女です。

妻は全く興味がないので、サーキットに行くときは私が子ども2人をみます。
当然、レースでも同じことです。
無題

下2枚の画像は長女撮影。
コース上にちょろっと写ってる車両は長男のもの。

いつものサーキットはこんな感じです。
IMG_2431.jpg
IMG_2432.jpg


そろそろ帰ろうかと思った時、
長男のボディ右前がえぐれていました。

しばらく私と長男で欠けた部分を、
コース上を歩いて探していましたがK田さんも一緒に探してくれました。

そのうち、店長が「何探してるの?」と言ったときに、
K田さんがすぐに反応して
「Pelloty君の息子さん、明日デビューレースなんだけどボディの一部が落ちたから」
と言って、他のお客さんも一緒に探してくれて嬉しかったです。

私自身、サーキットでよくしてくれる方から頂いたボディだったので
復旧して走らせたいという思いでした。

みんなで探したら、あっさりと破片が見つかりました。
右Frがばっさり無くなった状態でしたが、帰宅後補修。
IMG_2446.jpg

私は職業柄実車でレースをやってる人が周りに多く、
そのマインドをよく聞きますがK田さんも実車をやってただけあって、とても熱い方です。

何とか復旧できてよかったです。

一緒に破片を探してくれたか方々にも感謝です。



まだまだ続く、タミチャレ準備
9/13のタミチャレに向けて、車両のメンテは出来ましたが
今回は長男も参加なので今までよりも荷物が増えます。

普通に考えれば、車体とプロポが増えるだけと思われるでしょうが、
子供2人、椅子3脚、テーブル、RCグッズを載せるとなると
私のミニでは僅かな積載増加も厳しいのです。

まぁ、そういう所も楽しみの一つですが。

そこで、いつものサーキットでよく見る充電器・安定化電源のユニット化を試しました。

このアクリル台は、U先輩がRC撤退の時に貰ったもので今回活用させてもらいます。

充電器、安定化電源を両面テープで固定。
IMG_2353.jpg

同じく、U先輩が撤退するときにもらったハードケースの出番です。
このケースがアクリル台の寸法にぴったりなので、これをキャリングケースにします。

ちなみにこのケースに4PKを入れていたようですが、
充電器と比べたら、送信機を入れるにしてはいかに無駄にでかい入れ物か分かりますね。(笑)
それだけ大事にしてたって事ですね。
IMG_2354.jpg

今までは洗濯籠に充電器・安定化電源・バッテリー・その他を入れてワンハンドで移動できましたが、
車体とプロポが増えるとなると、分割してスペースを有効活用しないといけません。

充電系とバッテリーでひとくくり、その他は別バッグで分割してみました。
IMG_2355.jpg

具体的には、今までの洗濯籠ではトランクの半分位を占領していたところを
分割して車内に入れようということです。
IMG_2352.jpg

でも良く考えたら、上図のスペースはピットテーブルが入る部分なのでどうしようかな・・
助手席足元に置こうかな、子供の脚ではそこまでスペースを使わないし。



TT-01 タミチャレ対応策
来週日曜日(9/13)のタミチャレ掛川に向けての車両メンテ完了。

長男も参加するので、今回のメンテはいつもの2倍かかりました。
TT-01が2台ですが、全く同じ仕様ではありません。

ダンパーの仕様が若干違います。
IMG_2350.jpg

先回のタミチャレでは、自分が走る前のヒート中にモーターの回転数チェックがあり、
チェック後すぐに組み付け・半田付けと忙しくてバタバタしました。

そこで、バタバタ解消のために今更ながらヨーロピアンコネクターにしました。
IMG_2351.jpg
IMG_2342.jpg

これなら、回転数チェック後の半田付け順番待ちもなくなり
大分短縮できると思います。



分解整備開始
9/13に行われる、タミチャレ掛川に向けて車両の分解整備を始めました。

先ずは長男のTTから。

練習でよく落としていたノーマルドッグボーンは、
私のスペアパーツストックから出してユニバーサルシャフトに変更。

クラッシュして、ドッグボーンを落として走れなくなったらもったいないですからね。
IMG_2343.jpg

デフもガラガラ音がしていたので、開けたらベベルのシャフトが磨耗していたので交換。
IMG_2344.jpg

長男のTTは、前後ギアデフです。
ワンウェイも考えましたが、Frもブレーキ効果がでるギアデフのままにして
今まで通りの特性でレースを迎えるようにしました。
IMG_2346.jpg

サスボールもかなり磨耗していたので、ガタが大きかったです。
これもストックから出して新品交換。

右が今までのサスボールで、中央・左が新品。
IMG_2347.jpg

モーターマウントも交換。
定番の、DF-02のA部品に入っているモーターマウントにしました。
これはノーマルよりも嵌め合いがしっかりしていますのでお勧め。

ちなみに、TT-01Eのモーターマウントも嵌め合いがしっかりしていますが、
フレームに収まるリブのオフセットがStdと違い、
Stdのギアカバーは使えませんのでTT-01E用ではなくDF-02用を愛用しています。
IMG_2348.jpg

画像左下の部品が欲しいがために、また使わない部品が増えました。
他メーカーみたいにばら売りして欲しいです。



タミチャレ掛川準備
13日のタミチャレ掛川に向けて、タミヤ掛川サーキットへ練習に行きました。

もっとも、今回のメインは初レースを迎える長男の練習がメインです。

今回のコースレイアウトはいつものサーキットのようなテクニカルセクションが追加されるので
いつものサーキットに行こうかと思いましたが、
操縦台の高さに慣れるのと、本人が掛川に行きたいと言うので掛川へ。

サーキットに到着して駐車場に入ったら、見たことのある車を発見。
いつものインドアサーキット仲間のK田さんとKNGさんの車でした。

K田さんに挨拶がてら席を譲ってもらいました。
IMG_2339.jpg

隣のピットにはタミチャレでお会いするK斎さんもいました。

受付を済ませて走行準備。
ボディは私と同じインプレッサ07ですが、
これはいつものサーキットで仲良くしてくれるI藤さんから頂いたもの。

私が使おうと思っていましたが、いつも私の使っているボディを見ているので
長男もインプレッサは気に入っているようで、デビューレース用に使うことにしました。
長男は喜んでいました。
I藤さん、ありがとうございます。
IMG_2337.jpg

本番を想定して、操縦台の設置も自分でやらせました。
サーキット備え付けの角材の上にステップを乗せています。
IMG_2335.jpg

で、しばらくしたらK田さん、K斎さんも走行。

私も少し走りましたが、
いつものサーキットと掛川ではRrのセッティングが変わることが分かりました。
IMG_2338.jpg

長男の方ですが、本日走り始めた頃は大分走れるなと思いましたが、
時間が経つにつれ集中力が切れたのか、あちこちぶつけ始めました。

CVAダンパーのマウント部が折れる寸前でした。
IMG_2341.jpg

バッテリーが切れたので終了。
充電すればまだ走れたのですが、先述のダンパーがやばかったし
一緒に来た長女が飽きたのでそのまま帰宅。
IMG_2336.jpg

レース当日は皆さんに迷惑掛けると思いますが、宜しくお願いします。
まぁ、やってみないことには始まらないので・・



0.5mmスペーサー試しました
先日書いた、0.5mmスペーサーを昨日試してきました。

Frはショートバネ+4mmスペーサー、Rrは標準長バネ+0.5mmスペーサーで
車高はFr4.2mm、Rr4.4mmになりました。

絶妙な高さで結構期待していたのですが、
高速コーナーが増えたレイアウトになったいつものサーキットでは、
0.5mmのスペーサーでもRrの安定感に大きく影響しました。
IMG_2332.jpg

Rrはスペーサーは入れないで、Rr車高4mmが良かったです。
Frは3.8mmが良かったのですが、低すぎすのでディッシュパイロンに乗ったら転倒します。
どうしようかな?

いつものサーキットでお世話になっているI藤さんから、
「Pellotyさんは何故そこまでTTに拘るの?」と聞かれましたが、
やはり上記のように、エントリーモデルと呼ばれるTTを
もっと走らせやすくする仕様を探るのが楽しいんですね。

私の中では、TTは闘う庶民車なのです。←気持ちだけは。
私にとって、ほめ言葉なので嬉しかったです。

しばらく走っていたら、急にまっすぐ走らなくなりました。
ピットに戻ってみると左Rrのキャンバー角が凄いことになっていました。
IMG_2333.jpg

いつの間にこうなったんだろ?
ターンバックルの受け側のネジ穴がバカになったのかな?



TT-01 拘り
昨日書いた通り、車高調整用にスペーサーを加工しました。

このブログを凄ーく前から見てくれてる方は、何度か書いているのでご存知でしょうが、
私は見た目に青くないノーマルっぽい仕様が好きなので
ダンパーもCVAダンパーに拘っています。

CVAの場合、標準で調整できる最小幅は1mmなのでそれ以下の微調整はできません。

もう少しだけ車高を上げたいけど1mm厚のスペーサーを入れると
大幅に上がってしまうということもありますよね。

そこで、削って半分の0.5mm厚スペーサーを作りました。
IMG_2328.jpg

以前、0.7mm厚のスペーサーを作りましたが
それでも中途半端な厚さでイマイチでしたのでそれを再加工。

今回は前後用に4枚作りましたが、Rrだけに使うと絶妙なバランス。

またいつものサーキットで試してきます。



TT-01 スランプ脱出
ここ2週間ほど私のTTはいつものサーキットでスランプでした。

コースレイアウトが変わってから車の動きが合ってない感じでうまく走れませんでした。
コースを変えたばかりで埃っぽかったのもあるのでしょうが、
高速レイアウトになったので今までのセットでは難しかったのでしょう。

本日も色々試しました。
Frダンパーをまた寝かしてみたり、Rrにショートばねを入れたり、その他いっぱい。
IMG_2323.jpg

ダンパーオイルは、先回の感じから硬めがいいと思ったので#450から#700にしていきました。
以前のテクニカルレイアウトでは#450でよかったのですが、
今のレイアウトではダンパーがスコーンと入ってしまうので。

#700って硬いと思われるでしょうが、ご存知の通りCVAダンパーのピストン穴は
TRFダンパーに比べて大きいのでそれほど硬くないと思います。
IMG_2324.jpg

なんだかんだで、今までのバネ、ダンパー角にしてRrのリバウンドを増やしたらいい感じでした。
私の場合、6mm厚のアルミ板に車体を乗せてダンパーを外した状態での
アクスルセンター高さで合わせていますが、
Frが27.5mm、Rrが26.5mmだったのをRrだけ26.0mmに合わせました。
IMG_2325.jpg

今回は車高も低くしたのですが、それも良かった感じです。
シャーシの前側で3mm位。

ダンパーの1mmスペーサー3枚がちょうど入る車高。
確かに低すぎなイメージですが、実際に走ってシャーシを擦ることもないのでいいかなと。

旋回時のロールやピッチングでシャーシを擦るまで沈みませんからね。
TTの場合シャーシのしなりで逃げているのが大きいのかも知れません。
車高を上げてロールを増やし、グリップ感を上げましたがそうするとフラフラして走りにくかったです。

個人的な考えですが、サスアームの短いTT-01はTA-05のように車高5mmにすると
相対的に車高が高い状態で走るのと同じと私は思いこんでいます。
IMG_2327.jpg

そうは言っても、もう少しだけ上げて試してみたいので
スペーサーを削って0.5mm厚を作ってみようと思います。

1mm厚では車高が上がりすぎるので。