FC2ブログ
まぁ楽しくいこうよ
プロフィール

Pelloty

Author:Pelloty
楽しくいこうよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



TT-01 0.7mmスペーサー試しました
昨日作ったCVAダンパーの0.7mmスペーサーを試しに行ってきました。
これで車高が前後同じか、僅かにRr上がりの状態です。
IMG_0243.jpg

今回は会社のRC仲間のO達君も一緒にRC。
インボードサスから正立ダンパーにするために、ダンパーステーを購入していました。
今回取り付けはしないで、また次回のお楽しみだそうです。
IMG_0246.jpg

いつものように、最初の1ラップは様子見でゆっくり走行し、
2ラップ、3ラップと徐々に速度を上げていきます。

大体3ラップ目の直線で全開にしていきますが、
2周目の段階で、この仕様いいかもって感じでした。

本日の仕様はいつものように前後CVAダンパーで、
Frが
スプリング:蛍光赤ショート
ピストン:3穴
ダンパーオイル:#600
ダンパーエンドを左右0.3mm削ってスペーサーは左右5mm

Rrが
スプリング:黄色標準長
ピストン:2穴
ダンパーオイル:#600
ダンパーエンドは削らずに、スペーサーを左右0.7mm

タイヤはミディアムナローAタイヤ
GTチューンモーターでギア比は6.03

これは私のメモも兼ねており、人それぞれフィーリングの好みも違えば
当然路面状態・コースレイアウトによっては変わってくると思うので
この記事を見てくれているTT-01オーナーの方は、
こういう人もいるんだ~って位で見てください。
IMG_0248.jpg

旋回では今までよりもFrが入ってくれて、
且つRrも直線・コーナー共に安定して今までにない良いフィーリングなので、
しばらくはこの仕様でいこうと思います。


スポンサーサイト




TT-01 CVAダンパー更に細工
昨日書いた通り、Rrダンパーエンドを削って左右の車高を合わせてから、
車高が落ちた分1mmのスペーサーを入れたらRrが高すぎで、
スペーサーが無かったら低すぎるのでまずはダンパーエンドを無加工品に戻して仕切りなおしです。
IMG_0238.jpg

ダンパーエンドを削ってから足りない分を足すなら、
スペーサーを削るだけでいいという考えで作ってみました。

左が純正の1mm厚スペーサーで、右が削った0.7mm厚スペーサーです。
0.3mmの違いですが、結構違いますね。

これをキレイに全面揃って削るのは少々時間がかかりました。
TRFダンパーにすればいいのでしょうが、こういう工程も楽しみの一つなのでいいんです。
IMG_0237.jpg

これを重いバッテリー側のRrに入れましたが今度は左が低くなりました。
そこで同じように削ったスペーサーを左側にも入れたら、
まぁいいかって感じで大体左右揃って前後バランスも僅かにRrが高い状態になりました。

昨日の感触から、これは結構いけるんじゃね?
と思いますが走ってみないと分かりませんね。
IMG_0245.jpg

明日行けたらいつものサーキットで確認してこよ。



TT-01 Rr車高チェックに行きました
昨日書いた、TTのRr車高を左右あわせたダンパーを試しました。

車高を合わせるなんて基本中の基本ですが、
CVAダンパーに拘ってるのでダンパーエンドを削って微調整することを思いつくまで
付属のスペーサーでしかあわせていませんでした。

若干Fr下がりになったのでアンダーが出にくくなりました。
正確にいうと、Fr車高はいじってないのでRr上がりですね。

旋回はいいのですが、どうもRrの安定感に欠けるので車高の高さが気になり
スペーサーを外してみたところ、Rrがかなり安定しました。
IMG_0235.jpg

でもRr下がりの車両姿勢なのでアンダーが目立ちました。
そこで、今度はRrのダンパーエンドを削って微調整しようと思います。



TT-01 CVAダンパーをもう少し工夫
今回はRCねたです。

以前、Frの車高を微調整する為にダンパーエンドを削ったと書きましたが、
今度は左右をあわせるためにRrの左ダンパーエンドを0.5mm削った物にしてみました。

どうしてもバッテリー側が重くて沈むので、
合わせるために左側ダンパーエンドを0.5mm削った物を付けました。
そうすると左右は合いますが、Rr下がりになるので、
Rr左右に1mmにスペーサーを入れて丁度よくなりました。
IMG_0227.jpg

RrをいじったらFrにも影響が出るのでFrの左右も確認。
いつもの超適当ダンパーリムーバ車高ゲージですが、いい感じでした。
IMG_0228.jpg

この仕様で左右均等で若干Fr下がりになります。
IMG_0232.jpg
TRFダンパーにすればいいじゃんって言われそうですが、
こういった地味な作業が好きなので。

明日にでもフィーリングを確認しに行きます。



ブロンコ リム磨きました
先日磨き用に購入した、回転可変式グラインダーを試してみました。

磨き前のブロンコのリムです。
遠目なので分かりにくいですが、かなり錆び、汚れがこびりついています。
IMG_0217.jpg

まずはグラインダーに磨きパッドを付けますが、
このとき砥石カバーとその取り付けナットは外して
パッドの台座をねじ込んで締めこむだけ。
IMG_0219.jpg
IMG_0218.jpg

いきなり細目パッドでやって、リムが傷だらけになるのでは?と思いバフから始めました。
青棒を塗りこんで磨きますが、こびりついた汚れには刃が立ちませんでした。
IMG_0220.jpg

そこで細目パッドの登場です。
これはサンドペーパー#320~#600相当と書いてありますが、えらいアバウトな表示ですね。
IMG_0221.jpg

これがすごーく良くて、あっという間にピカピカ。
すぐに分かりますよね、スポークより右側が磨いたところ。
IMG_0222.jpg

スポークも磨きに掛かったら、引っかかって一瞬でこんな状態に。
磨きパッドはマジックテープで張替え式なのですが、
台座が硬いので曲面の追従性が悪くすぐに引っかかりました。
きれいに面で当ててあげないとスポークは難しいので、
ボロボロになった時点でやめました。

画像の磨き面と黄色い台座の間の黒いラインがマジックテープ部分です。
IMG_0224.jpg

同じものを追加で購入して前後リムを磨いたのでした。
上記の通り、追従性が悪いので断面形状が凹凸のリムを磨くには
パッドの端しか使わないのですぐに減ってしまい、
前後リムだけで3枚もパッドを使いましたがやっぱり電動工具って便利ですね。



訂正 クリアサイドマーカー
昨日、ミニのサイドマーカーを交換したときに
Oリングが痛んでいたので内径15mm、外形17mmのOリングが欲しいと書きましたが、
それだと画像青矢印の本体内に収まる寸法で、

実際は赤矢印のように、
本体とソケットの間にOリングが挟まって締め代を確保しているようです。
Oリング

本日Oリングの内径が若干小さいですが、普通に入るOリングで、
外形は若干大きめの物を試したらしっくりきたので。
私は内径14mm、外形17mmの物を使いました。

キレイに収まったのですっきりしました。



ミニ クリアサイドマーカー
先日ミニ用パーツを購入しましたが、
寒い中時間をかけずにできそうなクリアサイドマーカーに交換しました。

作業自体は10分位なのですが、
作業工程を撮っていたら画像が多くなりました。
IMG_0206.jpg

交換前の標準のオレンジの横ウインカーです。
交換前

ウインカーは右にずらしながら手前に引くと外れます。
IMG_0208.jpg

こんな感じでハーネスごと出てきます。
レンズとバルブの受けを外すには左に90度ひねれば外れます。
IMG_0209.jpg

レンズとバルブ受けの間にはOリングがはまっていますが、
硬化して左右ともボロボロでした。
これは注文し忘れたのでホームセンターへ走るのでした。
IMG_0211.jpg

内径15mm、外形17mmという肉厚1mmのOリングはホームセンターでは見つからなかったので、
1mm厚の硬質スポンジを貼って代用しました。
IMG_0212.jpg
IMG_0213.jpg

クリアレンズに換えたのがこちら。
交換後

思ったほど似合いません・・
レトロ感が無くなって、むしろかっこ悪い。
皆さんどう思いますか?

ボディカラーが黒だったらかっこいいかも知れませんね。
飽きたらまたオレンジに戻そう。



会社の仲間と
本日も会社の仲間のO達君と、SB田君も誘っていつものサーキットへ行ってきました。

画像奥のO達君はTB-03で、Rr周りをEvoから移植した仕様を試しにきました。
TT-01しか知らない私には、「へー、付くんだ」としか思いませんでした。(笑)

TTを挟んで手前がSB田君のTA-05。
彼も私と同じくあまりオプションを入れない派です。
TAのギア比がローギアードだったのでチキチキバトルはできなかったけど
仲間と走るのは楽しいですね。

私はFrダンパーオイルを先回の#450から#600にして試したところ、
前後のバランスがよくなってきました。
IMG_0204.jpg

先回O達君とサーキットに来た時、O達君の充電器が故障したらしくメーカーに送ったら
翌々日に新品が送られてきたそうです。
IMG_0205.jpg

修理に出して新品が送られてくるって、結構よく聞く話ですね。



お掃除道具を買いました
前々から気になっていた部分をキレイにしたいな~と思い、
ホームセンターへ行ってきました。

画像は私の通勤&お出かけバイクであるヤマハのブロンコ。
このバイクのホイル(リム・スポーク)の汚れが落ちなくて気になっていました。

後ろに写ってるミニは今週水曜日に車検から戻ってきました。
素人ではめんどくさい部分の破損も見つけてきっちり直してくれました。
やはり専門店にまかせてよかったです。
IMG_0198.jpg

ブロンコのホイルのアップがこれ。
リムに無数の小さな錆びが浮いてメッキが曇っています。
スポークは雨中走行やパッドカスでくすんでいて、手で擦っても落ちません。
IMG_0200.jpg

ということで、回転可変式のグラインダーと磨きパッドを購入。
グラインダーは持っていたのですが、回転の調整ができないので新たに購入。
低回転でないと、磨きパッドの方がやられるみたいなので。
IMG_0202.jpg

バフとサンドペーパー中目相当の磨きパッドを一緒に買いました。
先にバフで試して落ちなかったらもう一個の方をかけようと思います。
いきなり荒い方でやってリムが磨き傷でガサガサになったら困りますから。
IMG_0203.jpg

それにしても、バフじゃない方の磨きパッドの
320~600番相当って、アバウトすぎない?



若返りアイテム制作
最近、「顔の筋肉を使わなければいけないな~」とよく思います。

若い頃のように、歌ったり、しゃべったり、大笑いする機会があまりないので、
このままでは表情が活き活きしなくなると思い若返りアイテムを作ることにしました。

車の中で歌えるカセットテープです。

私のミニはCDとかデジタルなものではなくあえてカセットです。
このアナログ感がミニにはいいんです。
IMG_0196.jpg

選曲はバンドをやるきっかけとなったジュンスカがほとんどで、
気分を出すためにライヴ版からもチョイス。
又、ラフィンノーズからも少々。

自分がステージでギターを持って跳ねていた頃を思い出させる自己満足仕様です。



ダンパー試しました
今回は昨日書いた通りCVAダンパーの3穴・オイルは#450を試しに行きました。

現在の仕様は、
Fr:CVA2穴・#500
Rr:CVA2穴・#600です。

まずは今までの仕様でフィーリングを確認。
その後上記のダンパーをFrに組んで試しましたが、
タイトコーナーではアンダーが出にくくなりました。
その反面、高速コーナーではアンダー気味。

はやり一長一短があるのですね。
IMG_0192.jpg

Rrが踏ん張りすぎかと思い、今までのFrにつけていた2穴・#500のダンパーを
Rrにつけて試したところ、前後バランスよくなりましたが柔らかすぎな感じ。

Rrを元に戻して、Frをバランスよく柔らかくしなければいけませんね。

コースがすいていたので今まであまり登場していないサイドビューを撮ってみました。
IMG_0189.jpg

次はピストン2穴でオイルを柔らかくするか、
ピストン3穴でオイルを硬くするか迷いますが、とりあえずやってみよ。



TT-01 もう少し探ります
今回はRCねた。

私のTT-01は、Frばねを蛍光赤に変えたらいい感じになったのですが
慣れてくると更にいい仕様はないかと欲が出ます。

そこで方向性を探るためにもう2本ダンパーを用意しました。
今の仕様はCVAダンパーで前後ともピストンは2穴ですが、
Fr用に3穴を用意してみました。

ここからは私流なので参考になるか分かりませんが紹介します。

私は前後ともいわゆる引きダンパーで組みます。
以前、全日本クラスの先輩から縮めるだけ縮めて組めとアドバイスされましたが
揃えるためにゲージになるものはないかと探したら、丁度いいのがありました。

それがCVAダンパーの4mmスペーサー。
以前にも書きましたが、画像がなかったので改めて。

ダンパーエンドとシリンダーの間にCVAダンパーの4mmのスペーサーを挟んだ状態で
フルストロークさせてダイアフラムをおきます。
IMG_0182.jpg

そのときピストンがシリンダーのフランジと同じか少し高い位の位置で、
キャップを閉めたらちょうどいい感じにロッドが出てきます。
ロッドの出代はキャップの締め込み具合で、
左右の反発力が違ったらキャップを緩めて締め直して調整します。

アバウトなやり方ですが、これでもかなりしなやかな動きになり且つ
コースのゼブラやパイロンに乗ってもはねることなく、しっかり追従してくれます。
IMG_0183.jpg

条件を揃えるために、今付いている前後ダンパーもオイル補充、エア抜きをします。
すごいオイル漏れですね。
サーキットに行って2~3パック走らせて、帰ってお掃除って感じです。
ちなみにOリングはマッチモアの30番(KOSEと同じもの?)です。
IMG_0188.jpg

やはりCVAダンパーは、1回サーキットに行ったら次回までにメンテが必要ですね。



部品購入
またクリックしてパーツのお買い物しました。

今回はいつもの1/10(RC)の部品ではなく、1/1の部品。
ミニのショックと横のウインカークリアレンズとタンクネックゴムシールです。

私はStdでもミニはかっこいいと思うのでドレスアップ派ではなく状態維持派ですが、
横のウインカーをクリアにしてみたらかっこよさそうだったので購入。
初めてのドレスアップパーツです。

ショックはスカスカに抜けているので純正同等品を購入。
ミニはRr左ショック交換には燃料タンクを外さなければいけないので
給油口のゴムシールも一緒に購入。

普通燃料タンクは車体の後方下についていますが、
ミニはトランク内にあるのでショック交換時は燃料タンクを動かさなければいけません。
IMG_0154.jpg

その他ストックしてあるブッシュ類です。
ロアアーム、テンションロッドのブッシュたち。
IMG_0180.jpg

もう少し暖かくなったら整備しよ。



ミニ車検に出しました
先日書いた通り、ミニを専門店で診てもらおうと車検をお願いしました。

車好きの方なら「それ位自分でやれよ~」と思うでしょうが、
ミニは国産のように殆どメンテフリーとは行かず、
ミニならではの泣き所があるのでやはり専門の方にお願いしました。

先回の車検ですごく対応が丁寧だったので今回もこちらのお店に預けました。
静岡県浜松市にあります、オリエンタル自動車浜松です。

画像左にミラが写っていますが今回の代車です。
その前のオールドイングリッシュホワイトのMINIが私のです。
オリエンタル自動車浜松

別アングルで。
販売車両がテトリスのようにぎっしり並んでいます。
オリエンタル自動車浜松2

お店は大通りから少し入った住宅地にありますが、
とても丁寧なお店なので浜松周辺のミニ乗りの方は覗いてみては?
といってもこういう専門店は少ないので多分行ってると思いますが。



会社の仲間といつものサーキット
本日は会社の仲間のO達君といつものサーキットに行きました。

先日行ったときはレイアウト考案中でしたが、
今日行ったらパイロン・タイヤバリアで仕切ってありました。
IMG_0157.jpg

ドリフトオンリーの日はこのタイヤバリアを動かして上画像側と下画像側を区切って
初心者コースと慣れた人コースに分けるようです。
IMG_0158.jpg

更に、上画像の奥の方ですが画像左一番奥のターン部にパイロンが置かれて
進入が少し狭くなっていました。
IMG_0159.jpg

O達君はTB-03で来ました。
Rrが落ち着かないというので、ダンパーを寝かせてみれば?と私。

彼は車両にセッティング幅があるのにとりあえず青くしたがる特性で(笑)、
ダンパー角度を始めて触ります。
Rrのダンパー取り付け角を変更することで動きが変わって満足気でした。

画像の中での一番のポイントは、棚の上の充電器・安定化電源の下に敷いている
100均で購入したと思われるソフトケースのタグが付いたままというところですかね。
IMG_0161.jpg

私達よりも先にM本君も来ていました。
彼はTA-05。
どうやら新たに購入したアイテムがあるようです。
IMG_0162.jpg

それがこの安定化電源。
IMG_0163.jpg
ストレート製で人から譲ってもらったようですが、
その前オーナーは元HPIワークスドライバーのHKM田さんとのこと。

凄い人から譲ってもらいましたね。



車検
私の趣味車のMINIが車検の時期になりました。

以前は自分でメンテして陸事に乗っていって、
いわゆるユーザー車検で通したこともありますが
やはりMINIの泣き所が分かる専門のショップに診てもらうのがいいので
先回と同じショップにお願いすることにしました。

単純にこの寒い時期に事前チェックをするのがつらいのもあります。

明日ショップに預ける、今まで何度か登場している私のMINIですが何かすっきりして見えませんか?
IMG_0143.jpg
mini.jpg
すぐに分かった人は鋭いですね~。
私はフロントの車検期限ステッカーも、車庫証明ステッカーも貼ってないのです。
かっこ悪いから貼らないって人、結構いるのでは?

もちろん、ちゃんと証明するステッカーはありますよ。
車検証&説明書入れにしまってあります。

画像右の分厚い手帳みたいのが車検証&取説入れです。
かっこいいでしょ?
mini2.jpg

暖かくなったら交換しようと思ってストックしておいた部品がいくつかありますが、
これは重要保安部品なので車検を機にプロに任せようと思います。
めんどくさいというのもありますが(笑)
IMG_0149.jpg

ロッキード製Frのブレーキローターです。
当然パッドも交換します。

今日はどうも風邪っぽいので早く寝よう。



レイアウト変更中
いつものサーキットへ行ってきました。

ピットの準備をして、さぁ走ろうと思ってコースを見たらついこの間と違う・・
操縦台から見て左半分がパイロンになっていました。

ちなみにこの左半分のレイアウトは、このサーキットのオープン当時のレイアウトです。
パイロンの代わりにCチャン材で仕切ってありましたが。
IMG_0142.jpg

店長から「試しに島の右と左で走って~」と言われて走行、インプレです。

どうやら店長は、より間口を広げるためにドリフト専用日は左半分を仕切ってドリフト初心者練習用にし、
且つグリップでフルコースを走っても楽しめるレイアウトを考案中のようです。
IMG_0141.jpg
ここは初心者から超上手い人まで幅広く来るので走行枠も分けてあります。
普段は誰にでも気さくな友達感覚オーラを放っている店長ですが、
ユーザーの立場でしっかり考えています。

さすが某家電量販店のホビーフロアを任された経歴のある店長です。



磐田の湯
本日は、妻・子供が映画を観に行ったので
私は一人で優雅に近所のスーパー銭湯に行ってきました。

ここは過去に数回行っていますが、
大きいお風呂でリラックスするのは気持ちいいですね。

しっかり回数券を持っている私でした。
IMG_0138.jpg

ここは炭酸泉というのがあり、普通のお風呂よりも温まるということですが
これが本当に温まるのです。
お湯は熱くないのですが、出てからも長い間体があったかいのです。

スーパー銭湯だったら炭酸泉ってどこにでもあるのかな?

気持ちいいからまた行こ。



TT-01 ギア比6.03
先日書いた、ダンパーエンドを細工してFrの車高を微調整した仕様で、
いつものサーキットへ確認しに行きました。

サーキットの運営ルールに沿いギア比も6.03に変更して走行です。

Frダンパーエンドを0.5mm削ってRrより若干Frが低い状態で、
劇的に変わると思いましたが意外と変わらなかったです。
むしろ、今までスロットルを開けながら曲がれた所が曲がりにくくなった気がします。
画像は現地で伸び切りでのアクスル高さを調整しているところ。
IMG_0137.jpg

ギア比は5.72から6.03になりましたが、同じGTチューンモーターでも
今回は新たしめの物を積んでいったので、
今までのくたびれたGTチューンモーターと同じ位のスピードで走れました(汗)

TT-01のCVAダンパーでの車高の調整についてまた思いついたので、
近いうちにまた試しに行きます。



チペワ ブーツメンテ
ちょうど一年位前にブーツをメンテしたと書きましたが、
それ以来ほとんど履かずに結局靴箱に入れたまま。

履いてメンテもしっかりすれば皮も柔らかい状態が保てるのかも知れませんが、
履かずに置いといただけなのでせめて油だけでも塗ろうと思いメンテしました。

使う油はミンクオイルではなく、マスタングペーストです。
ミンクオイルよりもはるかに油純度が高いので、革製品の油分補充には最適だと思います。

といっても、一度硬くなった革がふにゃふにゃになるかと言われたら、
完全には戻らないと思いますが何もしないよりはいいですよね。
IMG_0135.jpg

塗って20分もしたら、テカテカしてたのがつや消し色になってきました。
浸透性がいいのでしょうね。

塗って数時間おいて、塗って一晩おいて、結局3回も塗りました。
なるべく履いてあげないとまた革がカチカチになってしまいますね。(笑)



TT-01R 58Tスパー
いつも行くRCサーキットの25T~30Tモーターの走行枠が、
ギア比6.0以上となったのでギアの交換をしました。

こんなことでブログに載せるなよ!と言われそうですが、日記なので。

TT-01の場合、ギア比を6.0に近づけるとピニオン25・スパー58で6.03になります。
ピニオンは今までも25枚を使っていましたが、スパー交換に伴い一緒に交換します。

新品ピニオンギアと比べると磨耗状態がよく分かりますね。
左が今まで使ってた25枚ピニオンです。
かなり山がとがってます。
IMG_0124.jpg

今までは55・58枚スパーギアセットの55枚の方しか使わなかったので
58枚スパーが使われずにいましたが、やっと出番です。
IMG_0125.jpg

ギア比で0.3ほどローギアードになりましたが、どの位違うのでしょうか?
2つ同時に変えたことになるので純粋に比較にならないですが、
先日のFr車高ダウンも一緒に確認しに行きます。



TT-01 CVAダンパー細工
Frばねをかなり柔らかい蛍光赤に変えてかなり曲がりやすくなったのですが、
ちょっと細工してみました。

私はCVAダンパーにこだわり、Rrは標準長の黄色でスペーサーはなし。
Frは蛍光赤でスペーサーが4mmと1mmをあわせて入れています。
IMG_0131.jpg

これでも大分走りやすくなったのですが、若干Frの車高が高いのです。
1mmのスペーサーを抜くと更にFrが食うのですが、車高が落ちすぎます。

中間のスペーサーがないならスプリングシートが乗るダンパーエンドを削って中間を作ろうと思い、
ノギスで測りながらサンドペーパーの上でぐるぐる円を描くように削ります。

画像は180番位のサンドペーパーですが、これで大体削って
仕上げに細かいサンドペーパーで磨きます。
IMG_0130.jpg

スペーサー5mmだと若干高くて、1mm抜くと下がりすぎるので
とりあえず中間の0.5mm削りましが、若干Fr下がりになりました。
走ったらどんな感じかな?
IMG_0129.jpg

近いうちに、またいつものサーキットに確認しに行きます。



イオンでお買い物
今日は一人で最寄のイオンへぶらぶらしに行きました。

服屋さんは冬物から春物への入れ替えで
年始のバーゲン価格並に下げているのもありました。

画像左はチェーン店のジーンズ屋で見つけたのですが、
かわいいと思い衝動買い。
棚に並んでる物でサイズがなかったので、
サンプルで掛かってる服のサイズを聞いたら良かったのでそれを購入。

画像右は違うお店で見つけた、春に向けて使えそうなアウター。
パーカよりも普通の襟が良かったので購入。
IMG_0132.jpg

どちらもバーゲン価格の50%オフ。
事前に知らずにお店で特価品を見つけると、凄くお買い得感がありますね。