FC2ブログ
まぁ楽しくいこうよ
プロフィール

Pelloty

Author:Pelloty
楽しくいこうよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



大晦日ですね
2008年も終わりですね。
本日はファミリーカーの内装掃除をしました。
外装は昨日洗車したので。

バックドアを開けるときは、いつもは短時間なので道路にはみ出ますが少し車を前に出します。
今回は長時間開けておくので、画像のように我が家の狭い駐車場を贅沢に使いました。
CIMG8769.jpg

なぜバックドア、前後の左右ドア&窓が全開かというと、
シートの埃を落としたかったから。
子供達が靴のままシートの上に乗って遊ぶので埃が凄いです。
その後掃除機をかけて、樹脂部品に付いた汚れを拭いて終了。
CIMG8771.jpg

いっしょに写っている私の趣味車の内装掃除は暖かくなってからやろっと。
ミニの場合、今回のようなやり方ではなく簡単にシートを外して天日干しできるので。

それでは皆さん、良いお年をお迎え下さい。


スポンサーサイト




TT-01R 走り納め
本日もいつものサーキットに練習しに行きました。

今回はFrのダンパーマウントに1.3mm分のシムを入れて
ダンパーを若干前側に倒した状態を試しました。

以前も2mmのカラーを入れて同じ事をやっていましたが、
なくても走れたのでいいかと思ってしばらくStdで走っていました。

でも最近もう少しFrを食わせたかったので、
以前やっていたことをもう一度試したのです。
2mmカラーだと旋回中にFrが引っかかる感じなので、
こんなもんかな?って感じでシムを適当に入れました。
無題
これがいい感じでFrにどっしり感が増しました。
当然シムなしも試しましたが、Frが軽い感じです。

シムの枚数を変えていきますが、
ダンパーがおきてくると車高も上がるせいかフィーリングが変わります。

今年最後の仕様は、タイヤはAタイヤで
Fr:CVAダンパー2穴、オイル#500、赤ショートばね、アウタースペーサー5mm
Rr:CVAダンパー2穴、オイル#600、黄色標準長ばね、アウタースペーサーなし

とりあえず気持ちよく走れたのでいい締めくくりでした。

来年の1月25日に掛川でショップ主催のレースがあります。
2009年もTTでがんばろー。



大掃除
2008年もあと少し。
皆さんは大掃除は終わりましたか?

昨年の今頃も大掃除ねたをで網戸を洗うと書きましたが、
今年はまた違うバージョンです。

トイレ掃除ですが、私はユニットとして外せるものは全て外してきれいにします。
まぁ、そこまでは別に珍しくないでしょうが、
私は換気扇まで丸ごと外して掃除します。

我が家の1階のトイレは都合上換気扇が低い位置に付いており、
埃が付きやすいんです。

お見苦しいですが1年がんばった換気扇はこんなに埃が付いています。
CIMG8741.jpg
CIMG8740.jpg

刷毛を使って埃を落とし、濡れウエスで拭いて完了。
CIMG8742.jpg

大分キレイになりました。
気持ちいいですね。
CIMG8744.jpg

続いてはコンロのグリル。
昨年も同じ事を書きましたが、これは面白い位汚れが落ちるので書きます。
CIMG8749.jpg

コンロのグリルってべたべたしたり、黒いかたまりがボッテリついたりして洗剤では落ちませんよね。
ここ数年はオール電化でコンロがないうちも多いでしょうが一応。

使うのは金尺とパーツクリーナーとウエス。
軽度の汚れならパーツクリーナーで落ちますが、
こびりついた汚れはこのように金尺で擦って汚れを落とします。

樹脂板とかも試しましたが、樹脂だと柔らかすぎて汚れが落ちません。
グリルのコーティングは丈夫なので傷も付かず、この位の小さな金尺が作業性がいいです。
CIMG8746.jpg

そうすると、画像のように光るのが分かりますか?
結構汚れの層が厚いのでがりがりやりました。
その後パーツクリーナーで拭くときれいになります。
無題

洗剤やたわしで落ちないとお悩みの方、ぜひ試してください。



またラジってきました
昨日に続き、本日もいつものサーキットへ行ってきました。
昨日は走らせた感じFrの動きが重たかったので
ダンパーオイルをRrより100番柔らかくした仕様を試したかったのです。
今までは前後CVAダンパーで600番です。

Frがしっかりロールするのは分かりました。
確かに昨日よりはいい感触です。
CIMG8735.jpg

コースからピットへ戻ると、S木さんが「Pellotyくーん、ギア比いくつ?」と聞いてきたので
5.72ですと答えるとS木さんのTB-03を私と同じ条件に合わせてくれました。
もちろんタイヤも。
チキチキで楽しもうと誘ってくれました。
CIMG8736.jpg

お互いいつもサーキットに行ってるのですが、
時間帯がずれていつも入れ違いになるM本君も相手してくれました。
CIMG8737.jpg

速度差がないとレース感覚で楽しいですね。
この3台でチキチキしてました。
CIMG8739.jpg

いつもは淡々と自分なりにセットを変えては試しながら走っていましたが、
本日は同じ速度域にしてもらったのですごく楽しかったです。



いつものサーキットへ行きました
本日は会社の仲間のO達君といつものサーキットへ行きました。
16:30に現地で合流です。

私は今回Frをワンウェイではなくデフを試しに行きました。
Frのグリップが足りなくてプッシュアンダーが出てるなら
Frをデフにして、旋回前アクセルオフのブレーキ効果で、
積極的にタイヤを路面に押し付けたらいいのでは?という考えです。

まずは今までのワンウェイで今日の路面状態を掴んで、
デフに交換して試しました。
CIMG8729.jpg
Frデフの硬さ違いも試し、確かにFrは初期が食いやすくなったと思いますが、
Rrが滑りやすくなりました。
そして失速がすごい・・

ということで結局ワンウェイに戻しました。


O達君は現地でスパーギアを購入。
これにするとギア比の選択肢が広がるらしいです。
モーター取り付け位置が3種類固定式の男気溢れる(?)TTには分からない部分です。

O達君は何やらしばらく考えていました。
どうしたのかと思ったら、スパーを変えようかどうか・・と。

かなりめんどくさがりのO達君にとっては決断までに時間が掛かりましたが
せっかく買ったので交換することに。

O達君、そんなの迷うことじゃねーだろ。(笑)
CIMG8731.jpg

とりあえずスパーギアを取り出して、「ぅわー、めんどくさそ」とぼやいていますが、
どうにか交換作業に入りました。
CIMG8733.jpg
「えーっと・・これがこうなって、・・あれ?ん?」とO達君。
・・おーい大丈夫か~?

なんとか交換完了したようでした。

そんなこんなをしながらコースを楽しんだ後は
2人で福ちゃんというラーメン屋に行くことにしました。

ここは私が一人でサーキットに行ったときもよく行く好きなお店です。
O達君もお気に入りです。

お店に行く途中、大分前にO達君が
「Pellotyさん、今度福ちゃんおごりますよ」と言っていたのを思い出しました。

以前O達君がタミグラに出る時に、モーターマウントのネジが緩まず
頭をなめてしまって外れなくなり困っていたのを私が直したお礼にということで。

でも、その件があってからは数回会っていたのですが、
お互い忘れていてたまたま今日思い出しました。

まぁ、相手から言ってきたのを思い出しても催促はしにくいでしょう。
ましてや私の方が先輩に当たるわけですから。

で、お店に着いた瞬間私は
「O達君、今日おごってよ」と先輩らしからぬ一言。

お互いそんなの気にしない間柄なので問題なしです。
CIMG8734.jpg

出来立てを撮るつもりが、忘れてお箸をつけてしまって
なるべく初期状態に近づけたのですが若干中古感漂う画像で失礼。

O達君、ゴチでした。



コレクションの名残
昨日の記事で、数年前は旧車RCを集めていて今は手放したたと書きましたが、
その名残のような物がありますので紹介します。

京商のキットの中に入っていた当時のミニカタログです。
表紙はプログレス4WDS。
CIMG8712.jpg

スコーピオンも載っています。
85年版ですのでこのモデルは古く、この後すぐターボスコーピオンが出始めた頃じゃないかな?
CIMG8714.jpg

トマホークです。
当時友達が持っていて、凄く速い印象が残っています。
この頃のバギーモデルは実車っぽくてかっこいいですね。
CIMG8715.jpg

ギャロップ4WDS。
表紙のプログレスの派生モデルで、この後ギャロップMk2も出ましたね。
昨日、当時物キットが30台位あったと書きましたが、
このプログレス・ギャロップシリーズだけで同一モデルを3、4台持っていて11台はあったと思います。
バカですよね~。
コレクターは同じのが何台あってもいいんです。
CIMG8716.jpg

こちらはプラズマ。
当時はオンロードモデルは興味ありませんでしたが、
今はこのシャーシデザインがかっこいいと思います。
CIMG8725.jpg

ファントム4WDはプラズマを4駆にした感じなのかな?
CIMG8713.jpg

その他当時のバッテリーとか空物RCとか載っていますが、
このルマンモーターシリーズはかっこいいので撮りました。
今各社からいろんな種類のモーターが発売されていますが、
それらにはないかっこよさですね。
CIMG8726.jpg

未組み立てキットは全て手放しましたが、
これだけは大事に飾ってあります。
数年前、いつもの全日本クラスの先輩からもらったトマホーク。

ボディは正直ボロボロですが、頂いた物だし何よりかっこいいので。
CIMG8723.jpg

タミヤだけでなく、京商もこの頃のモデルを再販してくれないかな~?



自分へのクリスマスプレゼント
本日は自分にクリスマスプレゼントねたです。

今月初めに、私が中学の時に流行ったブーメランというバギーが再販されたので
クリスマスを機に注文しました。

懐かしいですね、パッケージも当時のままです。
CIMG8703.jpg

開けてみて更に懐かしい。
パッケージングもこんな感じでした。
CIMG8704.jpg

モノコックフレーム、グラフィック、説明書の写真も「おおー、懐かしいー」って感じです。
CIMG8709.jpg

で、結局は懐かしさに浸って作らないのですが・・
タミヤの再販シリーズでクローゼットはこんな感じです。

数年前までは、このクローゼット内にギッシリと
京商、ヒロボー、青柳、ヨコモといったリアル当時物未組み立てが30台位ありましたが、
TT-01でレースを始めてからはコレクションに興味がなくなり手放しました。

でも手軽に当時の思い出を買える環境をタミヤが提供してくれたので、
小、中学校の頃流行ったバギーの再販物だけは買っています。
CIMG8711.jpg

コレクションしていた時の名残が出てきたので、これは次回書きます。



タカラトミー賞
思わぬクリスマスプレゼントが届きました。
といっても、長男宛てですが。

夏にタミヤとタカラトミーのコラボで、タムテックギアオリジナルカラーリングコテスト
という企画がありました。

好きなようにデザインして応募するのですが、
応募用紙が塗りえみたいだったので子供は「やるやる」と言ってきました。
私も子供が塗りえ感覚で楽しめればいいと思っていましたが、
先月タカラトミーのホームページを見たら、なんと長男の名前が載っていてタカラトミー賞を受賞です。

特賞だとデザインしたカラーリングのタムテックギアがもらえるようでしたが、
こちらはチョロQの赤外線リモコンバギーが賞品でした。

子供が自分で考えたデザインが選ばれただけでも十分です。
オリジナルカラーリングコンテスト

私が帰ってくる前に開けて、見せたくてもう一度送られてきた袋にしまったようで嬉しそうに見せてくれました。
CIMG8696.jpg

車種は選べないのですが、開けてみたらアバンテが入っていました。
青が好きな長男は満足気でした。
CIMG8695.jpg

早速走らせましたが、普通のQステアよりもタイヤが大きい為かスピードが出ます。
サスも付いているのでちょっとした障害物を置いて遊べそうです。
CIMG8701.jpg

当然、下の子は「いいな~、いいな~」を連発していました。
また喧嘩になりそうです。(汗)



TT-01E ナックル試しました
本日は久しぶりに、いつものサーキットへ練習しに行きました。

以前、TT-01Eのナックルに変えたらいい感じと書きましたが、
今回はピロボール位置を試しました。

今まではナックルの後ろ側の穴を使っていましたが、
本日は前側にして試しました、
CIMG8692.jpg
アウト側のタイヤの切れ角が増えるようで、かなり曲がる車になるのですが、
その代償でFrにブレーキがかかるようです。

又、高速コーナーでFrがホッピングして、タイトターンではRrがすべり気味。
Frのアウト側が切れすぎなのでしょうか?

結局もとに戻しました。
何度か書いていますが、私は速さを求めることよりも
ここを変えたらどうなる?というプロセスが好きなんです。



大井川鉄道 クリスマスエクスプレス
12/20土曜日に、大井川鉄道のSLに乗ってきました。
クリスマスイベントでお座敷列車に乗って終点の駅まで行きました。

乗ったのは新金谷駅(しんかなやえき)。
私の住む地域から高速を使って30~40分の所です。

大分前ですが「電車男」というドラマがありましたね。
その最終回でSLに乗るシーンの舞台になったのもこの新金谷駅らしいです。
CIMG6735.jpg

たまたまこの日、ローカルTV局が取材に来て一緒に乗っていきました。
局の方はお邪魔しましたと言っていましたが、
私含めて乗ってた人たちは番組制作の裏舞台が見れて良かったと思ってるのでは?
リポーターの方は流石にしゃべりが上手かったです。

本日放送の番組にちょろっと出てしまいました。
ちょうど、リンクしてくれてる筋血男さんに「TV局きてるよ」と
メールを打ってるところが映ってて画的にすっげーかっこ悪かったです。
CIMG8671.jpg
CIMG8666.jpg

終着駅までの途中、SLが見える温泉を通ります。
こちらからの方が当然よく見えるわけで・・
ちなみに温泉からSLが見えるのは男性風呂だそうです。
まぁ、こんな感じならそりゃそうだ。
お風呂から手を振ってる人たちが分かりますか?
CIMG8680.jpg

帰りはSLが当然先頭ですが、転車台がないのでバックで引っ張ります。
CIMG8677.jpg

石炭を燃やしたすすの匂いもいい感じでした。
こういう文化財に乗れるって言うのはいい環境だなと思う私でした。



ブラシ交換
しばらく練習で走りっぱなしだったモーターのブラシが減ってきているようだったので交換することに。
スプリング位置的に減ってる感じですね。
CIMG8630.jpg

ついでにキレイにしようとピニオンギアを・・外せないじゃん
多分クラッシュで、どういう力が入ったのか分かりませんがこうなったのでしょうね。
適度にネジが締まったままずれていたので、引っ張っても当然抜けません。
CIMG8632.jpg

どの位ずれていたかというと、ギアの幅半分位。
でも、今はどうか分かりませんが抵抗を減らすようにこんな感じにするのも確か昔ありましたね。
違ってたらすみません。
CIMG8631.jpg

しかーし、慌てることはありません。
ボールポイントの六角レンチが入る方向に合わせて2秒で解決です。
CIMG8634.jpg

外したブラシはこんな感じで減っていました。
右が新品です。
CIMG8635.jpg

練習で走るだけなら普通に走れるのでまだ使えると思いますが、
皆さんはどの位で交換しますか?



送別会
本日は仕事でお世話になった方のイタリア駐在送別会で、焼肉屋に行きました。

会社関係の話はつまらなくなるので今まで書きませんでしたが、
今回行ったのは韓国焼肉で、チェーン店とは違う雰囲気だったので書きます。

カタカナで韓国読みのフリガナがあると、「こうやって読むのか~」ってちょっと関心。
CIMG8627.jpg

肉は豚しかなかったような気がします。
韓国焼肉って豚なの?私が知らないだけですが。

よくテレビで見かける、はさみでチョキチョキをしてくれました。
店員はしゃべり方からして韓国の方のようでした。
CIMG8625.jpg

ご飯を注文したらこのような器で来ました。
かわいかったので撮りました。
雰囲気でますね~。
ホントに韓国ではこういう器で食べるのでしょうか?
CIMG8619.jpg

21:40位に帰宅、服に付いたにおいが凄いです。
記事を書いてる途中でたまらずお風呂に入りました。



RC再燃のきっかけ
パソコンの画像を整理していたら、RCを再開した時の画像がありました。

私が小学校高学年から中学にかけてバギーブームで、
マイティフロッグとかグラスホッパーが流行りました。
お金持ちはトマホークとかドッグファイターとか持っていました。
私は中学の時のブーメランを最後にやらなくなりました。

数年前、急にRCをまたやりたくなって購入したのがこのバハチャンプ。
この頃のボディ形状にしては実車っぽくてかっこよかったのでこれにしました。
他のは宇宙船みたいな形でいやだったので。

完成直後の画像です。
baja.jpg

早速近くの河川敷に行って走らせました。
雨上がりで湿っていたので数十分後にはこんな感じでした。
初走行で大分汚れたけど、これこそバギーの醍醐味だと思って水洗いした記憶があります。

でも一人でやっててもつまんないから、仲間と遊べる主流のツーリングカーを始めたのでした。
baja2.jpg

ここ数年、正に私が熱中した頃のバギーの再販が続きますね。
クローゼットには、作らないけど当時流行ったバギーの再販キットの箱でいっぱいです。

ブーメラン2008も買わなきゃ。

復刻もいいけど、実車っぽいデザインのバギーはもう出ないのでしょうか?
走行性能重視で、レイアウトがどのメーカーも同じようになってしまって
ボディのデザインも限界があるのは分かりますが、
デザイン重視で実車でありそうなのも欲しいですね。



NHKでジュンスカ
昨日の深夜に、NHKのBSでジュンスカの
復活ライヴツアーファイナルのin日比谷野音が放映されました。

先日、ライヴin渋谷のDVDが発売されたばかりですが、
とてもタイムリーな放映です。
NHKは狙ってたんでしょうか?
CIMG8563.jpg

選曲はやはり黄金期の曲でジュンスカ世代にはたまりません。
CIMG8564.jpg

最後のメンバーの挨拶、和弥のMCが泣かせます。
リアルタイムでこのバンドの現役時代をすごした方は
この人たちの音楽性の凄さ、カリスマ性が分かると思います。

私よりも年上の世代でいうと、
ジャンルは違いますがボウイと同じような感じだと思います。
CIMG8588.jpg

今回の画像はTV画面をそのまま撮りました。
HD内臓TVなので画像だけ保存するのもできるかもしれませんが、
私はこういう電気ものは弱いので、原始的に画面を撮りました。

ちょっと引き気味にするとこんな感じ。
TV本体まで入れちゃうと臨場感が伝らないので映像部分だけを撮りました。
CIMG8528.jpg

この番組はがんばってDVDに落として保存したいです。



RC練習
本日はいつものサーキットへ、先日書いたTT-01Eのナックルを試しに行きました。

TGSのナックルよりもTT-01Eのナックルの方が舵角を大きく設定できるようです。
ピロボールの穴位置も違うし、なによりストッパー形状も違うから切れ方が違うんでしょうね。
又、今日は路面コンディションも抜群によくて車体の動きもよく分かりました。

ナックルの違いが分かったので、次はRrのリバウンドを調整しました。
Frに対してRrのロールが大きすぎたので。
本日の私なりのいい感じセットは、平らな板に乗せて前後輪を浮かせて、
FrよりもRrを2mmアクスルセンターを下げたら良かったです。
で、何ミリなの?と聞かれても分かりません。(笑)

具体的にいうと、タイヤを外して6mmのアルミ板の上にシャーシを乗せた状態で
グランドラインからアクスルセンターがFr:28mm、Rr:26mmです。
私は車体をグニャっとさせて曲がるのが好きなので、
キビキビした動きが好きな人は上記ではまだリバウンドが大きいです。

大分前にやっていた、Frのバネを1段柔らかくしたらどうかな?ともう一度やってみたら
Frがしっかりロールしているのがよく分かりました。
走った感じ、今までのFr黄色ショートよりも旋回初期はマイルドになりますが
後半が粘ってくれる感じでした。
CIMG8523.jpg

アッパーデッキがない私のTTは、ピッチング・ロール方向共に剛性がなくグニャグニャなので
サスを柔らかくして脚を動かすのがいいのでしょうね。
ガチガチだとシャーシのしなりでしか追従しない気がするので。



誕生日にバリウムデビュー
今回は画像なしの文章だけです。

本日35回目の誕生日を迎えました。
そして本日人生で始めてバリウムを飲みました。
私の勤務する会社は、誕生月と半年毎に健康診断があります。

本当は一昨日が診察日でしたが、
採血、レントゲン、視力検査、心電図とやっていって
最後のバリウム検査だけまた今度来てくださいと言われました。

今までは検査前日もビールをいつも通り1L以上飲んで、当日も朝食をとって
朝一の検尿も忘れて会社でこっそり採っていた適当っぷりでしたが
さすがに今年からバリウムを飲むので真剣にやりました。

しかし検査当日、朝食はやめたから飲み物ならいいかなと思って会社でお茶を飲みました。
そしたら上記のバリウム検査受付で「胃が動くので飲み物もだめです」と言われ、
本日リベンジとなったわけです。

検査の注意書きの、「当日は飲食をさけてください」と言うのを
ちゃんと読まずにニュアンスだけで「当日は朝食をさけて下さい」と思い込んでいました。

実際に検査を受けてみると、バリウムは思ったほど不味くなく、
診察台も回転して逆さまになったりして結構面白かったです。

朝、水も飲めないのと結構な量のバリウムを飲むのがきつかったかな?



TT-01Eのナックル
今回はRCねた。

先日、いつも私のTTに使っているナックルとTT-01Eのナックルを眺めていたら
面白いことを見つけました。

キングピンをそろえて並べると、タイロッドをつなげるピロボールの取り付け位置が微妙に違います。
キングピンの緑の線をそろえた状態でピロボール取り付け穴を見ると、
今まで使っていたTGSのナックルとずれているのが分かります。
画像左がTGSのものです。
無題

とりあえず試してみようと、ナックルにはまるボールもTT用を購入。
TGSのナックルは、キングピンがTTより若干太いのでボールの内径が大きいです。

いざ取り付けたらボールの動きが渋すぎ。
樹脂製なので、ボールのパーティングラインを削って動きやすくしました。

画像右が削った物ですが分かりますか?
左のボールの上下方向真ん中に、横に線が入っていますが
右のボールはツルツルです。

こうするとサスアームの動きが良くなったように思います。
CIMG8521.jpg

いつものサーキットで速いTTを使っている人は
TT-01Eのナックルの前側の穴を使っていますが、
まずは後ろ側からStd形状のナックルとどう違うか試しに行きます。



J(S)WのDVD購入
また通販で買い物しました。

先月、以前にジュンスカイウォーカーズの復活ライヴDVDを購入したお店のホームページを見たら、
復活ライヴin渋谷を収めたDVDの予約受付中となっているのを見つけたので迷わずクリック・クリック。

で、昨日物が届きました。
CIMG8511.jpg

ケースは普通の大きさですが、省スペースな2枚組でした。
一緒に入っていた冊子には、ジュンスカを好きな芸能人のインタビューが載っていました。
私は当時ジュンスカにはまって以降、10数年は洋楽ばかりで分かりませんが
バンドのアルバムに芸能人のインタビューが出るのは珍しいのでは?

いかに今の日本の音楽シーンに影響を与えたか分かりますね。
CIMG8518.jpg

同冊子の違うページにはライヴの写真も載っていて、
冊子は薄いですが内容は厚いです。
CIMG8515.jpg

2枚組の内、1枚は90分のドキュメンタリーのようで、(まだ観ていない)
もう1枚は7月に購入した復活ライヴDVD同様に盛り上がる、黄金期の選曲です。
CIMG8516.jpg

こういうライヴDVDを観ると、当時に戻って猛烈にまたライヴをやりたくなります。
ジュンスカファンでしたら迷わず購入ですね。



USBメモリー
家電製品の進化というか、新製品の登場までのサイクルってすごく速いですよね。
こういう電気物にはとってもうとい私でも、パソコン物は特に速いと感じます。

某家電量販店で1GBのUSBメモリーが500円だったので買ってきました。

数年前は516MBが数千円だったような・・
今でこそ1GBって小さいですが、ちょっと前は大容量でしたもんね。
すごい速さで容量が大きくなって、しかも安くなっていきますね。
CIMG8505.jpg

正に日進月歩ですね。


会社の仲間とRC
今日は、会社の仲間のO達君といつものサーキットへ行ってきました。

私が行ったら、全日本クラスの先輩もいました。
新しい車両を組んでいたようですが、箱を見たらドリフトパッケージプラス。
グリップで速さを求める先輩がドリフト??って感じでしたが、
後で聞いたらこれをベースにグリップ仕様にして試していたようです。

この先輩がきっかけで、ここ数ヶ月このサーキットでは
TTをとんでもなく速くするのが流行りだしたので、
また新たな旋風を巻き起こすと思います。
CIMG8496.jpg

O達君も到着しコースイン。
彼は久しぶりの走行ですがセンスがいいのでしょう、
遅い車がいてもきれいにパスしてぶつけることなく走行します。
CIMG8502.jpg

その後、K田さんも来てウイングの話になりました。
「Pelloty君、このウイング試してみない?」と言って、
いつも私が使っている物よりもダウンフォースの強いタイプ(翼断面が違う)を貸してくれました。

純正の樹脂製から今のウイングに変えたら劇的変化だったので十分で、
且ついつも直線の長い掛川のレースしか出ないので、
このタイプは抵抗になりそうで使っていませんでした。

実際に付けて走ってみるとRrが更に安定しますが、どっしりしすぎな感じ。
そこで、今まで付けていた物に角度を付けてみたらいい感じで安定しました。
CIMG8503.jpg

ウイング効果って大きいですね。
走るコースレイアウトで換えるセッティングパーツというのも納得です。



季節外れですが
早いもので、もう忘年会シーズンですね。

私も昨日は職場の忘年会に行きました。
開始時刻までまだ時間があったので、
会場の入ってる建物の中の雑貨屋をぶらぶらしてたら面白いのを見つけました。

アルファベットの製氷器です。
CIMG8494.jpg

季節外れですが、なんかかわいかったので買っちゃいました。
只今冷凍中です。
どんな感じになるかな?



こんなゲージ作りました
今回もRCねた。

私はリバウンド調整は、タイヤを外して車体を厚め(6mm)のアルミ板に乗せて
アクスルセンターで左右を合わせると以前に書きましたが、
金尺では目盛りがみにくくて目が疲れます。

ならば、基準の目盛りだけのゲージを作ろうと思いました。
初めは短冊状の板に高さ違いの目盛りを付けて何本か用意すればいいと思っていましたが、
キャンバーゲージを思い出して四角い板にそれぞれの目盛りを付ければ使いやすいだろうと考えました。

縦横に線が入っているのが分かりますか?
数字の上の線が、6mmのアルミ板の上に乗せた車体のアクスルセンターの高さになります。
CIMG8484.jpg

実際に使ってみるとこんな感じ。
このようにアクスルに当ててみて高さを簡単に確認できます。

一般的にリバウンドの左右合わせはシャーシセンターを持ち上げて
両輪が同時にグランドラインから離れるところと言いますが、
TTの場合センターを持ち上げるとシャーシがしなってしまい
そこで合わせると左右が違いすぎるのでこのようにシャーシを浮かせて測っています。

そりゃ違うだろと思われるかも知れませんが、あくまで個人的考えなので。

画像だとカメラのレンズの都合でケガキ線が斜めに見えますが、実際は直角がきちんとでています。
CIMG8481.jpg

ぐにゃぐにゃのTTで0.5mm刻みでやってもすぐに狂うよと言われそうですが、
これでかなり測りやすくなりましたよ。
我ながらナイスアイデアです。(笑)



TT-01R 舵角
今回はRCねた。
いつものサーキットへ練習しに行きましたが、どうやっても大回り。
店長が私のTTを見て一言、「アームのストッパーを切って舵角を増やせばいいんじゃない?」と。
TTの定番メニューですが私はクラッシュした時のサーボへのダメージが心配で未加工でした。

Stdは赤矢印のブロックが黄線の部分にもあるのですが
その黄線部分を切らないとステアリングを切ったときに青矢印の部分が当たって
そこがフルロックとなります。
無題1

文章だと分かりにくいので画像で。
アーム側のストッパーを切ると上記の青矢印部分は規制されません。

本当は少しずつ様子を見ながらカットしていって、
ストッパー機能も残した方がいいのでしょうね。
CIMG8473.jpg

Stdと加工後の舵角比較です。
上がStd、下が加工した物で、明らかに違いますね。
CIMG8466.jpg
CIMG8470.jpg

これで気持ちよく曲がれるようになるかな?
また近いうちに試しに行きます。