FC2ブログ
まぁ楽しくいこうよ
プロフィール

Pelloty

Author:Pelloty
楽しくいこうよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



TT-01R タミグラに向けて
今回もRCねた。

11/1のタミグラ ビギナーズクラスに向けて
バッテリーの状態の確認に行きました。

今回のレギュレーションで決められているバッテリーは2本しかもっておらず、
先回のタミグラのように元気のないバッテリーを決勝で使うことのないように。
CIMG8005.jpg

バッテリーの元気さを確認したら、いつもの3700に載せ換えて練習です。
いつもはホイルハブがFr5.5mm、Rr5mmですがどうもアンダー気味。
Frのホイルハブの0.5mmスペーサーを抜いて前後5mmにしたらいい感じ。

今日はいい感じでタイヤがグリップしてくれたから、
ボディのルーフ高さによる重心高さがよく分かりました。

そこでボディマウントを1段下げて試したら、4~5mmの違いですが
今までより全然安定して走れました。

画像の上が今まで、下が1段下げたボディ。
小さくて分かりにくいですが、交互に連続で見ると分かりますよ。
CIMG8003.jpg
CIMG8008.jpg

しばらくしてK田さんが来ました。
ここ数ヶ月、3PKにグラフィックを貼っている人をよく見かけますが、
K田さんは充電器までグラフィックを貼って上機嫌で見せに来ました。
赤に拘りがあるようですね。
CIMG8010.jpg

その後、K田さんが「タイヤウォーマー試してみる?」と言ってくれたので試してみることに。
K田さんのピットで初ウォーマー。
セッティングボードもプロポ・充電器と同じようなデザインです。
CIMG8014.jpg

「1周目から開けれるよ」というので、ではということで走り出したら
グリップ剤の効果に加えてタイヤを適温にすることで1コーナーでスンゲー食って曲がりすぎ!
こうも違うのかと体感できました。

RCを始めたころは、ウォーマーを巻いてるのを見たときは実車と同じじゃん!って
カルチャーショックでしたが、
今日試したことで、なるほどーと思いました。


スポンサーサイト




TT-01R ダンパーメンテ
今回はRCねた。

今度の土曜日(11/1)のタミグラ掛川に向けてダンパーメンテです。

余談ですが、今週末の日曜日と言う方が多いですが、
週は日曜日から始まるので間違だと思います。

さて本題です。
私はCVAダンパーに拘っていますが、
最近は組んでフリーのダンパー長がこの位です。
隣に置いたスプリング径と比べるとロッドの出代が短いのが分かりますね。
CIMG7927.jpg

こんなのとっくにやってるよ!と言われそうですが
いわゆる引きダンパーにしています。

私の場合、4mmのスペーサーを噛ませてダイアフラムを置いています。
ロールもしなやかで、コースのゼブラに乗っても追従性がいいです。
CIMG7930.jpg

CVAはオイル漏れも多いのでまめにメンテが必要ですね。



一ヶ月ぶりに
今日はリンクしてくれている筋血男さんと会いました。

先月退社して地元大阪に戻っていたのですが、
レース活動しているショップのツーリングで浜松に来ると連絡があったので
私も現地で合流することにしました。

合流場所は、浜名湖ガーデンパーク。
本日はSUZUKIのイベントがあって、そのショップもブースを構えるので。

会場入り口はこんな感じ。
一部車両を除いて実際に跨げる展示コーナー。
CIMG7911.jpg

筋血男さんのいる「TEAM ADACHI」のブースに行き、私を紹介してくれました。
チームの仲間のO本さん、O澤さんは「こちらがPellotyさんか~」と筋血男さんのブログで
名前だけは知っていてくれました。

いやー、嬉しいです。

で、チームの人たちと会場をぶらぶら。
O本さんは熱心にワークス車両を眺めています。
CIMG7908.jpg
CIMG7910.jpg

同じくワークスですが、こちらはラリーマシン。
車内のジャングルジムが素敵です。
CIMG7915.jpg
CIMG7913.jpg

開場後、1時間もすると大分駐車場も混んできました。
CIMG7917.jpg

イベントの時間はたっぷりあるので、筋血男さん他仲間達は外に走りに行きました。
前日に大阪からきて疲れていても、走るのがすきな人達です。
筋血男さんはチームアダチのDRでお出かけ。
CIMG7918.jpg
CIMG7920.jpg

皆で行くのかと思ったら、Tじょうさん、O本さん、O澤さんは会場に残るようでした。
Tじょうさんは体を休めたかったのでしょう。

O本さん、O澤さんも諸事情により会場に残ることに。
どうやら架空動物の絵の入った携行缶で、燃料を足していたので
こちらも体を休めたかったのでしょう。(笑)

筋血男さんも出かけたので私も帰ろうかと思っていたら
「Pellotyさんも駐車場のバイク見にいこ」と誘ってくれたのでご一緒しました。
4人で駐車場のバイクウォッチングをしましたが、
O本さん、O澤さんのトークは流石関西といった感じです。
とても楽しかったです。

ショップのスタッフの方は、「たまにだからおいしいんです、毎日だと疲れますよ」
といっていました。

私も半分大阪人なので分かりますが、本人にとってはほめ言葉ですね~。

記念にTEAM ADACHIのブースを撮っていこうとカメラを向けたらこんな感じ。
右の2人です。

画像では伝わらないでしょうが、みなさん気さくな方でしゃべりやすくて面白いです。
中でも2人はそれを若干超えていい意味でアホです。(最高のほめ言葉なので誤解のないように)
こういうのり大好きです。
CIMG7922.jpg

会場内でグローブを衝動買いしました。
私のバイクに合いそうな渋めなグローブ。
定価7800円が1000円だったので。
CIMG7925.jpg

本当に皆さん気さくな方ばかりで楽しかったです。
場内を一緒に廻ってくれたTじょうさん、O本さん、O澤さん始め、親分のADACHIさん、筋血男さんの仲間の皆さん色々ありがとうございました。

今回タイトルの通り筋血男さんに会いに行ったのですが、1時間位しか一緒にいなかったので
記事にすると一瞬しか登場してないのに気付く私。(汗)



TT-01R タミグラ ビギナーズのタイヤ
今回もRCねた。

11月1日のタミグラ掛川・ビギナーズの準備です。
ストレートの長い掛川は外径の大きなナロータイヤが有利と思いますが、
同じ外形ならタミチャレ指定タイヤもあります。

重量を測ったらナローAタイヤの18本スポークホイルセットと
ラジアルの10本スポークホイルセットは同じ重量でした。

持った感じ、ラジアルの方が重かったので、
計りのコンマ台まで計れない精度で同じ重量になったと思います。
CIMG7889.jpg

なぜここで悩んでいるかというと、
実車でそれほどパワーのない車に
ワンランク上のグリップタイヤを履かせたらパワーを食われた経験ありませんか?

今回のモーターは540でトルクが細いですよね。
そう考えたらラジアルの方がいいのかなと。
CIMG7890.jpg

これは私の推測なので、実際に計ってみないと分かりませんが。



TT-01R ショートばね試してきました
今回もRCねた。

先日書いたショートばねを試しに行きました。

全日本クラスの先輩がF1だけでなく、ここ1ヶ月位またTTで遊んでいて
「サイクロンより速い」と楽しそうでした。

全日本クラスの上手い人がやると影響力はすごいです。
周りのエキスパートな常連さん&店長までTTで遊ぶようになり
今いつものサーキットの上手い人の間ではTTが流行っています。

私がネタに撮らせてと言うと、
「この方が面白いんじゃない?TT繁殖中。」と先輩が他の人のTTも持ってきました。
右端が私のです。
左4台はエキスパートな方達のとんでもなく速いTTたち。
CIMG7896.jpg

少し後に、先日のタミグラに一緒に参加したO達君がきました。
また11月も一緒に参加します。

O達君はそのタミグラに向けての車両状態の確認。
リバウンド調整していい感じのようでした。
ビギナーズ指定の540モーターも購入。
CIMG7902.jpg

これは私のTT。
やっとタイトルの内容に入ります。

標準長ばねでは旋回しながら加速するとシャーシを擦ると書きましたが、
このショートばねがやはりいい感じで、踏ん張ってくれます。

はじめは前後黄色ショートで試しましたが、かなりいいです。
欲張って前後青ショートもやりましたがこちらはRrが踏ん張りすぎ。

Rrだけ黄色にしたら若干Frが食いすぎな気がしますがこれもGood。
前後黄色ショートかFr青ショート・Rr黄色ショートってとこでした。
CIMG7903.jpg

サーキットで、顔は知ってるけど名前の分からない方がこのTTいい動きしてるねと言ってくれました。
足回りの内容も参考にしてくれて嬉しかったです。

結局今回の仕様で、先日購入したシルバーとブルーのアルミリテーナは使わなくなってしまいました。
まぁ、なるべく見た目ノーマル主義の私には丁度いいのですが。



11月タミグラ掛川の通知来ました
今回もRCねた。

本日帰宅したらタミヤから封筒が来ていました。
11月1日のタミグラ参加の案内です。
無題

今回の参加クラスはビギナーズ。
使用モーターは540、バッテリーは2400、ギア比はタミチャレと同じ。

以前ビギナーズにエントリーしたけど、雨で流れたので一度も使わず置いといた540を
引っ張り出して回転を確認。
CIMG7879.jpg

・・・全く回っていませんね。



TT-01R ショートスプリング
今回もRCねた。

先日書いたスプリングシートは車高が落ちるのですが、
いつも練習しているサーキットでは旋回しながらの加速で
シャーシ横を擦って跳ねてしまうこともあります。

バネを硬くしたら大分フィーリングが変わって何か違うし。
ちなみにGTチューンでギア比はTT最大。

そこで、ショートバネを試そうと思います。
Fr、Rrとも黄色ばねはそのままでショートばねにしてみます。
CIMG7884.jpg

手で縮めた感じ、標準長より初期が柔らかく縮んでいくと踏ん張る感じなのでちょうどいいのかなと。
なるべくオプションのスタビは入れない方向で。
CIMG7886.jpg

って、これはStdのTTの時にやってたことと同じような感じですが
Stdはダンパーが立ちすぎで車高を下げる目的でショートばねを使っていたので
今回はちょっと違いますね。

今はダンパー角度もR仕様で寝ているし、
ホイルハブも当時6mmだったのが5mmだし、
違う点があるのでまた一個づつ確認していきます。



フタバエポック大会 続編
今回は昨日書いたフタバエポック大会の続編。

午前中に電動・エンジンクラスの予選1本目を消化し、お昼休みです。
その時間を使って新オフロードコースでスペシャルイベントのバギーレースがありました。

現在タミグラオフロードレースは静岡でやっていますが
掛川に集約したいというタミヤ側の考えで、その様子見みたいです。

今回スーパーGTクラスもありましたが、
これも11月のタミグラ掛川大会の様子見だと思います。
CIMG7846.jpg

いつものタミチャレ含め、このお店主催のレースは朝の受付でお弁当も注文でき、
サーキットから車で5分位のココイチの宅配カツカレーです。
レースに「勝つ」からきているようです。
CIMG7837.jpg

昼食後、久しぶりのAメイン残留のためにモーターメンテ。
M本君が「・・Pellotyさんがモーターメンテしてる!!」と驚いていました。

そうなんです、私はいつも事前にやり方が合ってるか分からないメンテをして
レース当日は通しでそのまま使う人だから。

でも、今回はおまじない程度にメンテしてみました。
CIMG7836.jpg

予選2本目、スタートは出遅れることなくうまくいきました。
CIMG7857.jpg

・・が、長い直線&全開で曲がるRの大きなコーナーが続く掛川では
TB、TAに比べレギュレーションで一番ローギアードなTTはじりじりと追いつかれます。
もちろんモーターの作り方の差が大きいのでしょうが。

まぁ、昼休みのモーターメンテはおまじないなので。
CIMG7870.jpg

1本目から2秒縮めるも、結局総合13/24位でBメイン。
なかなかAメインにいけません・・これが定位置な感じです。
CIMG7861.jpg

もう1つ違った視点から。
昨日操縦台から見た車両の画像を載せましたが、傍から見るとこんな感じ。
画像右上の建物の2階に人が立ってるのが分かりますか?
そこが操縦台です。

このようなタイヤが置いてある所は、タイヤの影に車両が隠れて操縦台から見えません。
旋回中、車両がずっと見えていたらかなり大回りですが、
かといってインを攻めるにも距離感が掴みにくいです。

うまい人はどうやって感覚を掴んでるんだろ?
CIMG7866.jpg

1周目ではじかれて最下位まで落ち、なんとか追い上げて4位フィニッシュ。
総合14位です。
スタート後の混戦を避けれないのもテク不足なので言い訳になりませんね。

Bメイン決勝後、掛川で何度か見たことのある方が、
「いつもぶつけてすみません」と言ってきました。
故意ではないレーシングアクシデントですが、すがすがしい気持ちになりますね。

その後、「ブログ見てます。おもしろいですよ」と言ってくれました。
私なりに試した事を書いてるだけですが恐縮です。ありがとうございます。
また掛川でお会いしましょう。

さて次回のタミグラに向けて練習だ~。



フタバエポック大会
今回もRCねた。
レース記事は長くなるので分けて書きます。

本日は、いつものタミチャレ主催のお店と、プロポのフタバ協賛で行われる
フタバエポック大会に参加しました。
会場はいつもの掛川サーキット。

いつもだったら6:30には掛川に着いて順番待ちをしているのですが、
今回のんびりしすぎて7:00ちょっと前に着きました。

ピットテーブル確保できないなと半分諦めていましたが、
駐車場に車をとめて本気で走って(S藤君仕込みの超内輪ねた)テーブル確保。
CIMG7819.jpg

ピットはいつものM本君&練習サーキットで知り合ってよくしてくれてるK田さんが同席。
2人とも練習走行に備えて準備開始。
私は毎度毎度、事前にいつものサーキットでいい感じにして
そのまま行こうという楽しめればいいスタンス。
特に慌てません。
充電できる環境を作る位かな?
CIMG7820.jpg

M本君はタミチャレクラスとスーパーGTにダブルエントリー。
準備が大変そうで、練習走行に間に合うか必死な様子。
画像のM本君の手のぶれ方がアグレッシヴですね。
CIMG7826.jpg

こちらは既に練習走行を済まして、シャーシのねじれを修正して一息つくK田さん。
CIMG7828.jpg

私はというと、練習走行では特に問題なく走れましたのでそのまま。
これは予選1本目のグリッド。

1本目は24台中、暫定総合9位。
操縦台から少しズームで撮りましたが、どれだけ高い位置にあるか分かりますか?
CIMG7833.jpg

M本君はとりあえず1本目はタミチャレ、スーパーGTと両方走りましたが
時間的に準備がきついということで予選2本目はスーパーGTのみになりました。
CIMG7829.jpg

スーパーGTクラスのK田さんは予選1本目でなんか動きが変。
走交後確認してみると、Rrのアッパーアームがクラッシュで曲がっていたようです。
CIMG7834.jpg

午前中は各クラスの予選1本目で終了。
昼休みにもイベントがあったので、それ以降の内容はまた次回。



TT-01R タミチャレ準備
今回もRCねた。

明日のフタバエポック大会に向けて軽量化をしてきて
本日いつものサーキットで確認してきました。

いつもの仕様(GTチューン、ギア比はTT最大)で走ってみると
Rrが巻いてしまいます。

Rrバンパーを切って軽量化しましたが多分これがいけないのでしょう。
以前も同じことを試しましたが、そのときは気のせいかな?位にしか思いませんでした。
しかし、今回は明らかにRrが軽い。
その他削った部分もありますが、トラクションに効くのはこの部分だと思うので。
CIMG7818.jpg

タミチャレ仕様にする際、Rrバンパーは無加工の物をつけました。
CIMG7817.jpg

やはり軽量化もトータルバランスですね。
明日のレースも、目標はAメインでいきます。



TT-01R もう少し軽量化
今回もRCねた。

明後日19日のフタバエポック大会に向けてもう少し悪あがき。
バッテリーホルダーの肉抜きをしました。

大雑把にニッパーでくりぬいて、後はカッターで削って仕上げていきます。
私は今までドリルで肉抜きをしていたので簡単にニッパーでくりぬけました。

E仕様のホルダー無加工が12g、ドリルド加工で10g、今回の仕様で8gとなりました。
グラステープ止めならこんなことしなくてもホルダー分軽くなるのですが、
ノーマル色を濃く残してきれいに仕上げたいのでホルダーを使います。
CIMG7814.jpg

先日書いた状態から2g軽くなって、3700バッテリー搭載でこんな感じ。
タイヤがAタイヤなのでタミチャレレギュレーションタイヤだともう少し重くなりますが、
どうにか装備で1500gを切ります。
CIMG7815.jpg

今回はギア交換、ユニバーサルシャフト分解注油等しましたので2Vで慣らしました。
硬い台だとうるさいので紙ウエスの束の上で慣らし。
10分×2回だけ慣らしましたが、車体を手で押した時の感じが軽くなったように思います。
CIMG7816.jpg

肝心なモーター、バッテリー、何より腕がいまいちだったらレースでは無駄な作業ですが、
こういう地味な作業の積み重ねで、数字で結果が見える工程も私の楽しみ方の一つです。



TT-01R タミチャレ用メンテとちょっと細工
今回もRCねた。

今度の19日日曜日にいつものショップ主催レースに向けてメンテしました。
レギュレーションはいつもとおなじですが今回はフタバ協賛のレースです。

今回はより高速のスーパーGTクラスもありますが、
私はタミチャレクラスに参加します。

11月のタミグラ掛川にスーパーGTクラスがあるので、
多分タミヤ側の様子見もあるのではないでしょうか?

メンテはベアリング洗浄・注油、ユニバーサルシャフト分解洗浄・点検注油、
プロペラシャフトのジョイント交換、ギア交換など。

ばらばらにしたついでなので、ちょっと細工してみました。

軽量ボディと小型サーボで大分軽くなりましたが、もう少しせめてみました。
前後アップライト、Rrバンパーを削ってみました。
CIMG7808.jpg
剛性にそれほど影響なさそうなところを狙ったつもりですが、
実際に走ってみないと分かりません。
厳密にいうとねじり剛性は大分落ちてるのでしょうが、
走って今までと変わらなければOKということで。
CIMG7812.jpg

Rrバンパーカットが効いたようで3700バッテリー搭載で今までより4g軽くなりました。
アップライトは前後合わせて1.4g位。
バッテリーホルダーをやめてグラステープならここから更に10g軽くなりまが、私はホルダー式でいきます。
CIMG7809.jpg
なぜRrバンパーを全部切らないかというと、以前も試した事があってRrに重さを残しておきたかったのと、
なんといってもそこに指を引っ掛けて持ち運びに便利だからです。



スプリングシートの違い
今回はRCねた。

先日、いつもの先輩からアルミスプリングシート(タミヤリテーナ銀色)を借りて試したら
交換だけで車高が下がっていい感じでした。

で、同じ物を購入しましたが、更に1mm車高が下がるのも売っていたので
先輩は「ちょっと待った、車高下がるのに交換してもらえ」といいました。

車高が下がる分には、スペーサーをかませればいいという考えです。

で、そのスプリングシート(どうもリテーナーと呼ぶのになじめない)を付けて
走ってみたら車高は同じなのになんか違う。

その車高が下がるのは私の嫌いなブルーアルマイトってのもあって、
結局シルバーの方も買いました。

画像はダウンリテーナで2mmのスペーサーをかませたTTのRrです。
これで車高は4mm位。
CIMG7758.jpg

リテーナを変えて車体を上から押すと、初期の沈み込みが明らかに違いました。
シルバーの方が硬く感じます。

車高が落ちるリテーナは、車高を合わせても初期が柔らかく感じます。

足し算引き算ではシルバーのも青いのもロッドの沈み量は一緒ですが微妙に誤差があるのかな?

それともこれは勝手な推測ですが、ダンパーエンドからスプリングシートが近いか遠いかで
入力時のロッドの倒れ方が違うのではないでしょうか?
今は青い方が操縦しやすいです。
CIMG7757.jpg

無駄な買い物をしましたが、その分面白い発見もできました。



久しぶりにギター
今回は音楽ねた。

私は毎晩発泡酒を1L~1.5L飲むと以前書きましたが、
いい気分になったらライブDVDを観たりします。

その時の気分でジャンルを変えますが
先日ブライアンセッツァーオーケストラのDVDを観て
モーレツにギターが弾きたくなりました。
CIMG7738.jpg

基本的にパンク系音楽をやっていましたが、
ライヴではエディ・コクランやストレイキャッツといったネオロカを少し
歪んだ音にしてコピーしていたりもしました。

久しぶりにストレイキャッツを弾いてみましたが、
結構忘れてるものですね。
スコアを引っ張り出して再確認。
CIMG7733.jpg

わたしはこのピックが使いやすいので愛用しています。
フェンダーのヘヴィです。
見た目も渋くて気に入っています。
CIMG7736.jpg

RCばかりではなく、ギターも弾いてあげないといけませんね。
状態維持もそうですが、なにより腕が落ちます。(もともと上手くありません)



100均で見つけました
今回もRCねた。

私はRCバッグを持っていなくて、機材は買い物かごに入れて
入りきらないケミカル、タイヤは小さなバッグに入れていますが
スプレー缶が倒れたら他の物が取りにくいです。
CIMG7680.jpg

100均に行ったとき、スプレー缶を入れとくかごを見つけてひらめきました。
底の広いバッグに入れれば倒れてもかごが入ってるからバッグがつぶれず
缶が倒れても他の物が取りやすいのでは?
CIMG7682.jpg

かごの幅にぴったりのバッグも100均にありました。
あてがってみると、底と横がしっかりしたバッグの出来上がり。
CIMG7683.jpg

これ結構いいかも。
次のレースで使って試してみます。



TT-01R スパー止めカラー
今回もRCねた。

以前、私のTTのスパーは抜け止めカラーに
ピンバイスで穴を開けてネジ固定していると書きましたが、
55Tスパーで何パックか走るとカラーが動いて当たっていました。
CIMG7678.jpg

いつもの全日本クラスの先輩にネジ止めを教わったのですが、
最近は1280メタルを使うのが主流(?)とのこと。
確かにきつくはまって3パック走りましたが問題なし。

これはいいですよ。
CIMG7684.jpg

タミチャレレギュレーションのギア比で樹脂カラーのネジ止めでも問題ないので
タミチャレは軽い樹脂を使おっと。



タミグラ掛川大会 続編
昨日、タミグラ掛川大会の予選前までのことを書きましたが
今回はレース編です。

出場クラスはGT2400で参加台数は86台。
タミグラだけあって、他県ナンバーの車が多かったです。
練馬、横浜、岐阜、大阪その他、中には新幹線で福岡から来た中学か高校生くらいの子もいました。

混み具合はこんなかんじです。
このテントからはみ出た所に私達のテーブルがあります。
CIMG7662.jpg

予選は11台ずつで7組ありました。

予選1本目、86台中18位で、Bメインが見えたのですが
2本目に3位争い中に、シケインのイン側に置いてあるタイヤに引っ掛けて転倒しタイムロスで総合25位。
CIMG7649.jpg

画像は予選1本目。
スタート直後のラリーカー対GTカー、RCならではですね。
CIMG7654.jpg

こちらはO達君の予選スタート。
後列向かって一番イン側の白いZ4です。
CIMG7656.jpg

O達君の予選風景。
はじかれて順位を落としても、なんだかんだでポジションを上げます。

O達君は予選何位だったかな・・
忘れたけどDメイン決勝を走りました。
CIMG7658.jpg

昼食をとって、みんな車両の整備で真剣ですが、
楽しめればいいというスタンスの私達はこんな感じ。
CIMG7661.jpg

同時にクローリングコースでオープニングイベント?みたいなのもやっていました。
CIMG7665.jpg

決勝はEメインまであり、私はCメインのポールでした。
予選で使っていたバッテリーは元気があり気持ちよかったのですが、
使い続けたらよくないのかな?と思い、もう1本持ってたバッテリーを使いました。

決勝は予選の横一列とは違いグリッドスタートなので、
うまくいけばCメイン逃げ切りだと目論んでいましたが
これが間違いでバッテリーに全く元気がなくてストレートが予選の時より遅い。
CIMG7655.jpg

しかし、モーターやバッテリー管理も腕の内なので物のせいではありません。
きちんと管理して、事前に状態のいい方を把握していなかったのがいけませんね。

結局Cメイン4位フィニッシュ。

ちょっと悔しかったですが、楽しめたので満足です。



タミグラ掛川大会
今回はRCねた。
長くなるので分けて書きます。

昨日、通信ケーブルがないのでパソコンに移せないと書きましたが、
デジカメの本体からSDカードに移せるのを本日初めて知って画像を取り込めました。
ナイスアナログ人間でしょ?

10月5日のタミグラ掛川大会に参加しました。
いつものタミチャレ掛川より15分早く家を出て、6:20に到着。
すると、既にこんなに並んでいました。

画像左手前から2番目のMINIが私です。
矢印のタミヤ看板からゲートまで100m以上ありますので、どれだけ並んでいるか分かると思います。

一緒に参加するO達君から電話がありました。
「Pellotyさん、もしかしてもう着いた?」
おーい、遅いぞー。大分並んでるぞー。
「今ボディ作っていて、終わるとこ。すぐ行きます」
・・・おーい、どんどん後ろついてるぞー。
無題

ゲートオープン後テーブルを広げる場所を確保。
O達君の分もキープ。

前日に彼はツーリングに出かけていて、
「Pellotyさーん、スパーがないのに気付いたんですが」
と電話してくる私以上のマイペース野郎です。

丁度そのときいつものサーキットにいたので探してもらったら1個あったのでGet。
当日交換して間に合いました。
ふ~、世話のやけるやつだぜ。

O達君が来るまで新しいオフロードコースを覗きに行きました。
10月6日一般オープンですが、走った後があるのでタミヤの方が走ってチェックしてたんでしょうね。
CIMG7646.jpg

O達君が到着してテーブルを広げます。
手前が私のピットで、ホングウに続きピクニック感漂っています。
CIMG7635.jpg

車検の時間がきたので、行こうかと思ったら「アンテナの穴開け忘れた」とナイスO達君。
CIMG7637.jpg

車検待ちの行列。
CIMG7638.jpg

私は車検時はミディアムナローAタイヤを履いていましたが、そのときの重量は1462g。
ここは高速勝負なので急遽ナローAに変更しました。
多分車検時+5g位。

車検が終わり、練習走行に入ります。
2分の間にコースに慣れなくてはいけません。
CIMG7642.jpg

走行が終わって、クローリングコースでイベントをやっていたので見に行きました。
後ろ姿は真剣に眺めているO達君。
CIMG7647.jpg

ピットに戻って、車両を眺めているとまたしてもナイスO達君です。
「ネジ締め忘れたまま練習走行してた」
と締め直す図。
CIMG7648.jpg

のんびりほのぼの2人組みのレース結果はまた次回。



チェーン交換
本日はバイクねた。

本当は、今日タミグラ掛川大会のネタを書きたかったのですが、
デジカメのSDカードを入れ忘れて内部メモリーで撮っていて、後で移せばいいやって考えていたら
通信ケーブルが見つからずまだ画像を移せていません。

ということで昨日交換したチェーンの話です。

これが今まで使っていたチェーン。
もうキンクしまくってポキポキ。
CIMG7579.jpg

ブロンコはクリップジョイント式なのでクリップを取ってジョイントを外します。
クリップは簡単に取れましたが、プレートが固着していて大変でした。
チェーンが張っているうちにスプロケットを緩めておくといいですね。
CIMG7584.jpg

ドライヴスプロケットを外したらすごい汚れ。
クリーナーで汚れを落としていったら、チェーンとクランクケースが当たっていた跡がありました。
結構暴れているのですね。
CIMG7585.jpg
CIMG7586.jpg

ドライヴスプロケットの比較。
右が新品で、磨耗具合は一目瞭然ですよね。
当然ですが加速側の歯の磨耗の方が大きかったです。
CIMG7587.jpg
CIMG7588.jpg

続いてRrホイルを外します。
シザーズジャッキで上げますが、油圧が下がってきたら危ないので保険にレンガを積んでいます。
ドリブンスプロケットの比較。
こちらも結構減ってますね。
CIMG7589.jpg
CIMG7591.jpg

Rrホイルを外したついでに、ブレーキシューの掃除をしました。
カスを落とすだけでなく、シューの表面をサンドペーパーで荒らしてこびりついたカスを削ります。
CIMG7592.jpg
CIMG7593.jpg

チェーンと一緒にジョイントも注文しましたが、
チェーンの箱を空けたらジョイントが転がってきました。
どうやら余分な注文をしてしまったようです。
CIMG7599.jpg

取り付けは外したときの逆の手順でOK。
とてもキレイになりました。
CIMG7624.jpg

早速どの位変わったか近所を走りましたが、バックラッシュ感が全然少なくなり静かになりました。
スプロケットも磨耗してチェーンがあれだけキンクしてたら当然ですね。



TT-01R タミグラ準備ほぼ完了
今回もRCねた。

先日書いた、こだわりのインプレッサ軽量ボディの製作です。
とりあえず3枚購入。
来年からレギュレーション変更で使えなくならないことを祈ります。

色は当然ブルメタです。
CIMG7504.jpg

会社から帰ってきて暗い中玄関の明かりだけを頼りに塗装。
カットに入ります。
フェンダーアーチはカッターでなぞって、放射上にはさみを入れて折るときれいにできますね。
CIMG7565.jpg

ステッカー貼りに入ります。
大分前にも書きましたが、当然水貼りです。

今更なにいってんの?と思うでしょうが一応。
ステッカーとボディに水を付けて貼りやすく、失敗してもやり直しがききます。
CIMG7568.jpg

完成したボディは、116g。
今までのは140gですので大分軽くなってます。
CIMG7569.jpg

部品単品での足し算・引き算は総重量で誤差がありますので基本的に目安です。
3700バッテリー搭載シャーシにボディを載せてみると・・

1500gを切りました。
TTではまだ重い方でしょうが、こだわりのインプレッサボディでこの重量なら大満足です。
CIMG7572.jpg

今回のステッカーで、純正ウイングに貼るスバルマークのステッカーを
今まで青一色だったウイングに貼ってみました。

これで車体との一体感がでました。
リアビューもかっこいいと思うのは自己満足です。
CIMG7574.jpg

明日はいつものサーキットで、会社の友人O達君とタミグラ最終調整です。
どんな感じかな?



TT-01R タミグラ準備
今回はRCねた。

昨日はサーボを変えて10g軽くなったと書きましたが、
そのサーボの線がアナログサーボより太いので短くすれば大分違うんじゃね?
と思い半分に切りました。
CIMG7501.jpg

線が太いので軽量化が期待できます。
それよりも見た目がシンプルになっていいですね。
もっと短くてもよかったかな?
CIMG7503.jpg

タミグラ用のタイヤを作ります。
ホイルはオフセット0の5本スポークで、最近涼しいのでAタイヤにしました。

ここでもアルテコは大活躍。
すぐに接着面が固まります。

後ろに写ってる樽はゴミ箱にしていますが、かっこいいでしょ?
CIMG7562.jpg

サーボの線カットとホイル変更で更に5g軽くなりました。
比べたら、ホイルよりサーボの線が効いているようでした。
CIMG7564.jpg

注文した軽量ボディも届いたので、それはまた書きます。



TT-01R 軽くなるかな?
今回は通販ねた。

先日いつものサーキットで全日本クラスの先輩がいて、先輩のTTと車高が違うと書きましたが、
その日はE仕様のアッパーデッキは外して試していました。

確かにシャキッと感は薄れ、若干スロットルオフのタイミングを早めなければ
今までの感じで曲がれませんが旋回中は大きく違いませんでした。

ならば、直線の長い掛川メインの私は突っ込みより車重をとります。

最近欲が出てきて、今更ながらサーボをS9551に変えました。

会社の同僚がパーツを頼むというので便乗して注文しました。
一緒に放電器も注文。
CIMG7457.jpg

早速試しました。
今までは発光ダイオードのほっといたら果てしなく放電する簡易型でしたが
これは放電電流、仕上がり電圧が設定できていいですね。

本体下側から排風するので下駄をかませた方がよさそうですね。
CIMG7490.jpg

で、気になる小型サーボですが、交換前は3700バッテリー搭載で1540g。
CIMG7455.jpg

サーボを変えたら、サーボの諸元表通りきっかり10g軽くなりました。
CIMG7493.jpg

それでもまだデブいですね。
いつも掛川で一緒になるS木さんの情報で軽量インプレッサ07ボディが発売されたとのことで、
迷わず3枚注文しました。

タミチャレで使用できるラインナップの中ではまだ重いらしいですが、
こだわりのインプレッサなのでStdより軽くなるなら十分です。