FC2ブログ
まぁ楽しくいこうよ
プロフィール

Pelloty

Author:Pelloty
楽しくいこうよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



新発見
先日書いた、今まで使ってたTT01のダンパーセットで練習しに行きました。

やはり先日までのシビアさは消えたように思いました。
しかしセット変更前の仕様は、決してクイックではないですがニュートラルステアでしたので、
改めてダンパーを変えて(今までのTT仕様に戻して)試してみるとアンダーなのが目立ちました。
バネレートは同じで、バネ長違いのものを用意して組み合わせを1仕様ずつ確認。
CIMG3346.jpg

以前、店長に「Frを硬くすれば?」と言われて試しましたが、
初期はきちんと曲がるのですが後半大回りでした。

しかも、硬いのでディッシュパイロンに乗ったらひっくり返ります。

TTは、Rrより柔らかいバネをFrに使った方が普通に曲がるということを再認識できました。
ここまではTT01の定番でいろんなサイトに載ってますよね。

どうしてもスピードがのった状態で高速コーナーが曲がれなくて悩んでいたら、思いつきました。

今回試したダンパー取り付け位置は、今までのFrロアアーム内側、Rr外側と、
前後ロアアーム外側&前後内側でした。

通常のセッティングのFr硬め、RrはFrより柔らかいという
セオリーとは全く逆のTT01です。
ならば、ダンパー取り付け角も逆にしてみようとひらめきました。
CIMG3343.jpg

バネは前後そのままでダンパー角度だけ、Frはロアアーム外側、Rr内側にし、
その違いを試しました。

すると、今まではアンダーだったのがオーバー気味に変わりました。

今までのは、Frが立ってるので初期はクイックですが後半曲がらない仕様で、
Rrは後半曲がるという組み合わせで、Frが仕事しなくなってから
Rrが押し出しているイメージでアンダーだったのかな?

思いついて試したのは、Frが後半曲がってくれてRrがFrタイヤを押し付ける感じかな?

前後の動きのバランスは調整していきますが、
新たな突破口が見つかってよかったです。



スポンサーサイト




いまさらですが・・
以前、部品をいっぱい買ったと書きましたが、
その中の1つにキャンバーゲージがあります。

キャンバー調整ができる車のオーナーでしたら
まだ持ってないの?と思われるでしょうが、それがPelloty式です。←なんじゃそれ。

といいますのも、いままでのTT01は非調整式だったので
持ってても、どうすることもできないアイテムだったのです。
CIMG3340.jpg


そういう計測をするとなると、平らな板が欲しくなります。
アルミ板をカットして自作しました。

タミヤのセッティングボードと同じ寸法でカットしています。
CIMG3339.jpg


非調整だったら気にしないというか、
これ以上できないからサス・ダンパーだけで何とかしようと思えるのですが、
調整式だととりあえずやってみたくなります。

うーん、Rrは2度です。
タイヤの減り方をみて調整が必要になってきます。
CIMG3341.jpg


アッパーアームだけStdの非調整式に換えようかと思っています。
単純に迷いの元を減らしたいだけですが。

・・ん?だったら今までのTT01にユニバだけ組めばよかったんじゃ?

このむだな遠回りも楽しみの一つということで。

先ずはサスだけ戻した仕様で再確認ですね。



TT-01R リセット
昨日書いたように、どうもTT-01Rを好みの動きにできないので、
今まで使っていたノーマルTT01のサスを付けました。

先輩に言われた仕様でもちゃんと走るのですが、
私にはちょっとシビアなので(←私の操作が雑なだけ)
もう少し好みの味付けをしたいから今までの仕様に一旦戻します。

いつ完成するんだよ!って思われる方もいるでしょうが、
私はこのRC界の庶民の車両を、見た目ノーマルでどこまで仕上げられるかを楽しみたいのです。
ですので、レースレポート以外はこんな感じの記事が多いと思います。
CIMG3301.jpg


Frダンパーは、ショートばね黄色・ピストン3穴・オイル#500です。
ロアアーム側の取り付け部は内側。
CIMG3337.jpg


Rrはショートばね青・ピストン2穴・オイル#500で、
ロアアーム側の取り付け部は外側です。
CIMG3336.jpg


これで再確認して、??ってなったら次の案を試します。



今日もRC練習
友人O達君とRC練習に行きました。

私は、TT-01を先日お話した調整をして確認です。
うーん・・よく分からない。

きちんと各部の寸法を出さないとだめかな?

今日はいつも以上にうまく走れませんでした。
やはり、私みたいなへたくそは調整箇所が増えるのは、
迷いのもとで逆効果かもと、ちょっとマイナス志向。

O達君のピットです。
今日も私と同じボディ。
CIMG3298.jpg

スタートラインに並ぶとこんな感じ。
同じボディだから紛らわしいでしょ?

走り出したら自分の車両を追うので分かりますが、お互い接触してスピンして止まると
どっちが自分のか分からなくなります。

実際に接触して「どっち?」と聞いてる私でした。
CIMG3299.jpg

TT01Rのリバウンド調整で迷っていますが、
ここは一発、今までのTT01と同じ、ダンパー内カラー埋め込み仕様で固定式にしようかな?



いちご狩り
今日はイチゴ狩りに行ってきました。

ここ数年、この時期にイチゴ狩りに出かけます。
毎年同じいちご農園で「あきひめ」という品種を食べますが、
今回も同じ農園で「べにほっぺ」という種類を食べることができました。
CIMG3265.jpg

料金ですが、ハイシーズンを越えたら安くなっていきます。
その分、味も落ちます。

いつも「べにほっぺ」は予約しないと食べれないのですが、
今日行ったら、たまたま予約なしでも入れるようだったので、こっちにしました。
今年は予約なしでもいいのかな?

ハウス内はこんな感じで、大人が屈まなくても食べれる高さです。
ちなみに、「あきひめ」のハウスも同じ作りです。
CIMG3271.jpg

全国的にも「べにほっぺ」は有名になりつつありますね。
「あきひめ」に比べて柔らかく、水分が多い感じ。
水分が多いのか、いつものあきひめと同じ量を食べれませんでした。

CIMG3279.jpg

あきひめの方が、1個1個が大きい感じですが、
行ったタイミングの違いかな?

両方にいえるのは、練乳をつけなくても甘くておいしいことです。

個人的には「あきひめ」の方が好みかな?

TT-01R再調整
今回もRCネタ。
TT-01Rの修理が終わり、いつものサーキットへ練習に行きました。

サーキットへ行った後は、いつもの福ちゃんラーメンへ行きます。
O達君、SB田君、今日も福ちゃんたべましたよ~。

練習中、店長と話をして「なるほど!」と思えることを教えてもらったので、家に帰って実行。

店長に、右と左の曲がり方が違うんだけど、どうすればいい?と私。

色々要因があるのですが、その中の1つとして
タイヤ接地バランスに問題あるかも・・と言われ説明を聞きました。

1Gで車両を置いて、車体幅方向の中心を持ち上げて車体えお下ろしたときに
同時にタイヤが接地しなければ、旋回中のタイヤの面圧が左右で違うから
特性は変わるだろうと。

CIMG3264.jpg

バッテリーを積んで、1Gから持ち上げます。

画像では分かりにくいですが、左右ともダンパーは同じ仕様ですが
右側のタイヤが先に接地しています。
CIMG3262.jpg

この場合、左旋回では右Rrのタイヤが接地していますが
右旋回の場合左旋回より早くタイヤが浮いてしまうということらしいです。

と言うことは、右旋回でのFr右を踏ん張らせてあげればバランスがとれます。
対角のサスで調整するようです。

Frも同じようにやります。
CIMG3257.jpg


スペーサーを入れて、イニシャルをかけて左右同時接地にしました。

店長曰く、このやり方は左右の車高の違いがでるけど
タイヤの接地の仕方が違ってはシャーシがねじれたまま走ってるのと同じとのこと。

とりあえず、左Rrに1mmと右Frに1mmのスペーサーをいれていい感じになりました。

また近いうちにサーキットで確認します。

危険物取扱者保安講習
本日、危険物保安講習に行ってきました。

仕事の関係で危険物取扱い乙4免許はもっていなくてはいけません。
まぁ、仕事じゃなくて趣味で乙4取りましたって人は、そういないと思いますが・・

保安講習は、3年に1度受講が国で決められています。
これが結構、内容を言われて思い出すことばかりで、
常にそういった法的分野の仕事をしてないと忘れがちだと思いました。
ちなみに普段の生活では意識しない&使わない内容がほとんどです。

CIMG3254.jpg


講習を受けて、改めて普段使うガソリンの怖さが分かります。

身近な所では、セルフガソリンスタンドなんかは誰でもガソリンを扱える所ですね。
給油前に静電気除去ってありますが、あれを怠っては危険だというのも納得。

給油口から気化したガスが出ていて、そこに静電気でパチっといったら・・・

講習とは関係ない余談ですが、ガソリンって1ccで乾電池にしたら両手で抱え込む位の
ダンボール一杯分のエネルギー(仕事量)って聞いたことがあります。

1Lあれば、ドラム缶1本半分の15℃の水を、40℃のお風呂にできるエネルギーだそうです。
すごいですね~。

あくまで計算上の話です。
爆発しますので、まちがっても実験しないように。



タイヤ接着
昨日お話した、アルテコ硬化剤を試しました。

まず、タイヤ、ホイルの接着部を脱脂して
タイヤにインナーを入れます。

これは、実車で言う空気圧のようなものでしょうか。
画像の緑色のが今まで使ってたミディアムで、
タイヤに入ってる青いのがソフトタイプです。
CIMG3252.jpg


ホイルを組んで接着剤を流します。

今までの接着剤がきれたので、今回からはHPIの接着剤を使ってみます。
まだ開けたばっかなので、流すだけでちゃんと付くのでしょうが、
タイヤ接着用ゴムでタイヤをホイルに押さえつけて密着させます。

要はただの輪ゴムで押さえるんですけどね。
これがRC用品で売ってるんですよ。
いいところに目を付けましたね~、メーカーさん。

普通の輪ゴムでこの大きさを探すと、意外とないから私も買ってしまいました。(汗)
画像の黄色い輪ゴムがそうです。
CIMG3253.jpg


で、アルテコを一拭きして完成。
素早くがっちり付いて、今までのは何だったの?って感じです。



TT-01R修理 其の三
相変わらずのんびりペースのPellotyです。

ようやくシャーシが形になりました。
これが、先日書きましたユニバーサルシャフトと
ステアリングワイパーですが、見た目ノーマルでいいでしょ?

以前にも書きましたが、見た目ノーマルがPelloty好みなんです。
実は今まで書いていませんでしたが、3×10・3×12のタッピングビスもチタン製なんです。

軽さを求めるなら迷わずアルミビスですが、
あくまでも、見た目ノーマルを重視するPellotyは、
チタンを選びました。
少なくとも、純正の鉄ビスよりは若干軽いですからね。

とにかく、見るからに!ってのが苦手なんです。

CIMG3248.jpg

ホイルも割れたので、新しく組まなくてはいけません。

先日、ホイルが割れて困ってたときにM本君が
「ホイルのオフセット違いますが試してみますか?」
と言ってソフトのインナーのタミヤAタイヤを貸してくれました。

私は普段オフセット2ですが、借りたのは0。
その違いも大きいでしょうが、私は今までミディアムインナーを使ってました。

借りたのはソフト。
どっちの効果が大きいか分かりませんが、とにかくよく曲がる!

ちなみに実車と逆で、なぜかオフセット数値が大きくなるとホイルは外へ出る方向です。

CIMG3244.jpg

効果を確かめるために、オフセット2でソフトインナーを組もうと思います。
そこでお助けアイテムの登場です。
CIMG3247.jpg

このアルテコ硬化剤、先輩に勧められて購入しましたが、
シュっと一拭きで接着剤が固まります。

タイヤ接着にはまだ使っていませんが、
シャーシのネジ穴が緩くなった時に瞬着を流して応急処置したときに試してみたら、
まさに瞬間に固まりました。

エキスパートの方は、タイヤ接着の常識アイテムなんでしょうが・・私は感動しました。

ネジ穴埋めなので相当接着剤を流していたのに、
あっと言う間に硬化するのでタイヤ接着も楽でしょうね。

それはまた試して書きます。



ファミリーカー納車
今年始めに注文したファミリーカーが、本日納車です。
これが今までのファミリーカーのbB。
無題


で、約束の時間にディーラーへ向かいました。
手続きを済ませて車の説明を聞きます。

まず、ドアロックの解除から驚きました。
今の車って、スマートキーで触るだけでいいんですね。

エンジンをかけるのも、キーをひねって・・じゃなくなってるんですね。
スタートボタンですよ!
レーシングカーみたいじゃないですか!

アナログ人間にはつらいオプションも色々つけたので
さっぱり分かりません。

ちなみに、ナビは今時当たり前ですが、私は初めてつけました。
そうです、Pellotyは10年遅れているのです。
無題0.5


戸惑いながらも、どうにか自宅に帰ってこれました。

無題1

我が家は小さいので、ぎりぎりのサイズです。
まぁ、なれれば問題ないか。


TT-01修理 其のニ
今回は、割れたメインシャーシを新しい物に交換です。

正月のTT01R組み立て同様、相変わらずのんびり作業です。
シャーシを新しくする際、私は必ず赤丸部分をリューターで削ります。

アンプ、受信機がちょうど赤丸のボス部に乗ってしまうので、突起をなくす為です。
このとき、リューター砥石は画像のボール型が重宝します。
無題


先日まとめて部品を購入しましたが、
このジョイントは買わなくても良かったのかな?

というのも、ユニバーサル用って書いてあるから何の疑問も持たずに注文したのですが、
よく考えたらStdのTT01の樹脂ドッグボーンをユニバに換える時用って事なんですね。

だってこのジョイント、TT-01Rのジョイントと同じ形なんだもん
CIMG3140.jpg

ジョイント部の形状は同じですが、これには左右を連結するシャフトが圧入されてます。
実際にデフギアに入れてみると、画像上のノーマルに比べて
連結仕様の方がジョイント自体のがたつきが少ないようです。

ノーマルとどれだけ違うのか分かりませんが、
ジョイントの倒れがない分よさそうな感じがします。

いや、必ず効果があると信じます。
無駄な買い物にならないことを祈って。(笑)
どちらにしても、消耗品なのでいいんですけどね。
CIMG3139.jpg


今回、ステアリングワイパーもちょっと変えます。
青いやつじゃなくて、ノーマルを工夫します。

TT-01の定番メニューの1つ、ワイパーにスリーブを入れるものです。
今まで私もやらなければいけないと思っていましたが、
スリーブが手に入らなくて標準の段つきビスで留めていました。

画像右下のワイパー&ビスが標準の物ですが、ガタがすごいんです。
でも、ちゃんと走ってたから「まあいっか」でいました。

先日、全日本クラスの先輩から「もう使ってないからこれあげる。」
とスリーブ圧入済みのステアリングワイパーをもらいました。
CIMG3135.jpg

標準品と比べると、明らかにガタ量が減ってました。
これを付けてまた一歩、見た目ノーマルだけどちょっと違うTTになるのでした。

TT-01R ユニバーサルシャフト
部品も届いて、TT01Rの修理です。
先日、アクスルも曲げてしまい手持ちも使い切ったと書きましたが、
今回注文してた物の中にユニバーサルシャフトがあります。
CIMG1398.jpg

あまりオプション入れるのは好きではないのですが、
友人O達君から
「ドライブシャフトとアクスルの予備をいっぱい買うなら、
ユニバーサルシャフトの方が全然いいですよ」
とアドバイスをもらいました。

O達君曰く、サスアームが割れるクラッシュをしても(彼はEvo4)
アクスルの変形はなかったと言う位Stdよりも強いようです。

更に、スロットルオンでの車両が前に出るレスポンスもいいとのこと。
偏屈な拘りはこの際捨てて、素直にこのユニバーサルシャフトを入れることにしました。

これは見るからにオプション入れてます!っていう感じが薄いから尚良し。
ユニバ?常識だよ。って人がほとんどでしょうが、まぁそう言わず・・

これが構成部品。
可動部にグリスを塗って組み立てます。
私は付属のアンチウェアグリスでは固すぎると思い、
モリブデングリスを使いました。
CIMG1395.jpg

パッケージには2本入っており、2セット購入して4本作ります。
ちなみにシャフトに書いてある39の文字はシャフト長(mm)です。
CIMG1399.jpg

これがジョイント部のアップ。
形状は違いますが、構造は実車と同じです。
CIMG1400.jpg

さあ、これを組んでTT01Rの修理です。
先日買ったモーターは使わずに、今までのモーターを使って
このシャフトの効果を観てみます。

部品買いました
久しぶりに書きます。
今回もRCネタで。

今週始めに注文した部品が届きました。
毎度毎度の通販です。

これが今回購入した、タミチャレ08レギュレーション対応する為に
出場に必要な部品+αです。
+αが多いような気もしますが・・
ボディも必要でしたが、現在メーカー欠品の為見送り。

CIMG3098.jpg

タイヤ、モーター、ユニバーサルシャフトその他いろいろ購入。
購入したそれぞれの部品は、また組み立てながら紹介します。

07と08レギュレーションの大きな違いの1つとしてモーターがあります。
今まで規定されていた、GT-Tuneモーターよりパワーダウンしてる、
ライトチューンモーターです。
CIMG3099.jpg

実際に走ってみないと分かりませんが、ピーク回転が2000回転位GT-Tuneより低いようです。
GT-Tuneと同じ値段なんですが、
スペック以前に見た目がすごく安っぽいのは何とかして欲しいです。

そうは言っても、レギュレーションでこれしか使えないので仕方ないですね。
どんな感じか、早く試したいです。



TT-01R あちこち曲がりました
本日はRCを車に積んで美容院に行き、帰りにそのままいつものサーキットへ行きました。
ちなみに、大分髪を短くして軽量化しました。

久しぶりのサーキットなのでやや緊張。
いつも通り最初の数周は慣れる為にゆっくり行きます。

徐々にペースを上げていって、調子をつかんできたところでぶつけだします。

ピットに戻ってみると、左Rrタイヤがウネウネしてます。
ホイルが割れていました・・
スペアのホイルを組みましたが、まだウネウネ。
うーん、アクスルも曲がってました。

交換しようと分解しだしたら、こんなに曲がっていいの?
って位サスアームピンも曲がってました。
CIMG3086.jpg
画像中央のシルバーの棒がそれです。
あと、Rrアッパーアームのターンバックルシャフト(青いの)もグニャリ。

更に駄目押しでメインシャーシのサスアーム取り付け部もクラック。
無題
矢印部分がそうです。
見えますか?以上が本日破損の5点セットです。
私自身、こんなに曲がるのは見たことなくて驚いていました。
そんなに激しくヒットした覚えはないのに・・
あたり方が悪かったのかな?
周りの知人もサスピンの曲がりように驚いてました。

メインシャーシは、まだとりあえず走れそうだったのでそのまま使い、
サスピンとアクスルもスペアを持っていたので、
アッパーアームのターンバックルシャフトだけ現地購入して応急処置。
無題1
ターンバックルはオプションのチタン製に変えました。
2つ矢印が指してる部分です。

家に戻り、メインシャーシの交換に入ります。
TT01は、Fr周り・Rr周りが上図の様にごっそり取れます。

いつも分解作業するときに重宝するのが、
この100均で購入した大きめな樹脂トレイです。
CIMG3094.jpg
ボディ・シャーシ対比で大きさが分かるでしょうか?
この様にAssyで置いておけるので、散らかさなくて便利ですよ。

で、これがストックしてある部品たち。
CIMG3081.jpg

TTのメインシャーシは消耗品ですものね!?

本日アクスルを曲げて、手持ちも使ってしまったので、
先日注文した部品がちょうどいいタイミングで届きそうです。

それはまた後日。




レイングローブ
今回はバイクネタです。

寒さもピークを迎えておりますが、
相変わらず私は、ほぼ毎日単車で通勤しています。

寒くなってから気づいたことがあるので書きます。

昨年、梅雨シーズン前にカッパを新調し、雨用のレイングローブも購入しました。
CIMG3016.jpg

これが上記レイングローブですが、意外とウインターグローブとしても使えると思います。

昨年10月か11月位でしょうか、天気予報では午後は雨となってたので、
どうせ雨が降るなら最初からレイングローブで行こうと思い、
雨が降ってない状態で使ったら意外と手が冷えにくかったのです。

雨用なので、染み込まない構造で表皮はもちろん、
その下にもう1枚生地があるので風を通しにくく、手が冷えにくいんでしょうね。
内側の生地は呼吸できる素材のようで、蒸れません。

しかも、通常のウインターグローブみたいに分厚くなく操作しやすいので
昨年暮れからウインターグローブ代わりに使ってます。

CIMG3017.jpg


2重構造なので、最初は違和感あると思いますが、
慣れてしまえばこの冷気シャットアウト感はこの時期最高です。



オーディオ届いたよー
先日お話した、注文してたオーディオが届きました。

仕事を終えて、家に着いたら見たことのない箱が・・
もしや、と思い見たらやはり!

早速セットしたかったのですが、やはり今までのと比べたいところ。
うーん、機能はほとんど同じなのにかなりコンパクト化されてます。

左が今までので、右が今回購入した物。
メーカーは同じなので同系列の後継機だと思います。

CIMG3013.jpg

今まで置いてたところにセットしてみると、
その小ささがよりはっきりします。

何でもそうですが、10mm違うと見た目もそうとう変わりますね。

既に新しいオーディオでミニ用カセットテープを作ってるのでした。



新型TT-01 
今回はTTネタ。
既にご存知の方も多いでしょうが、RC雑誌にTT-01マイナーチェンジの記事が載ってました。
雑誌社によって、TT01typeEとか、TT02typeEとか名称は正確ではありませんが。

パッと見の違いはアッパーデッキ(デッキと呼ぶには細すぎます)の追加位ですが、
色々変わってるようです。
CIMG3009.jpg

私的にはアッパーデッキよりも、ステアリングワイパーがどのくらい
精度が上がったのか気になります。

私の出ているレースのレギュレーションではアッパーデッキは要らないというのが持論です。
というより、「なくても普通に走るからいいじゃん」って言うのが本音です。

どうも、写真で見る限りステアリングワイパーはアッパーデッキと共締めっぽく、
上からもホールドされているのでStdのガタガタは抑えられているのでは?と考えてしまいます。

CIMG3010.jpg

まぁ、正直ステア系は気になりますが、今私が使ってるTT01Rも普通に走るからいいか・・



コンポ購入
今回はお買い物ネタ。
かれこれ6~7年使っていた家のオーディオが壊れてしまいました。

壊れたのはCD、MDではなくカセットテープの部分。
今時カセットってそんなに使わないんじゃない?と思う方が多いでしょう。
私は結構使ってます。

なぜなら、私の趣味車であるMINIのオーディオがカセットテープのみだから。
CIMG2571.jpg

私の偏屈なこだわりで、MINIはこのアナログ感がいいと思いこんでいます。

国産車なら、カセット=古いとなるでしょう。
今の車ってCDが標準だったり、オーディオレスでお好みでどうぞって感じですよね?

私が今時の車に乗ってたら、オーディオがカセットってことは100%ないでしょう。
MINIだからあえてカセットテープなんです。

友達が私のMINIに乗って、「これカセット!?」と不思議がられても、私にはほめ言葉です。
「どう?このアナログ感がいいでしょ?」と自信をもって返事します。

ということで、今回の家庭用オーディオ選びもカセットが使えるのを選びました。
で、注文したのがこれ。
sony.jpg
家から車で5分くらいの所に、大手家電量販店のヤ○ダ電気がありますが、
事前にネットで調べた同じ機種の値段を見たらやっぱりネットの方が安かったので、
そこで買わずにおうちでクリック・クリック。

これが届いたらまたMINI用のお気に入りテープを作るぞー。




タミチャレ08
今回もRCネタです。

私がインフルエンザで寝込んでる間に、以前から変更があるとうわさで聞いてた、
タミチャレ08レギュレーションが正式にアナウンスされました。
↑クリックでTRFサイトへ飛びます。

タイヤ、モーターが変更され、更にボディまで選択肢が狭くなります。
いつものローカルレース用にSC430を使っており、予備も2枚ストックしてたのですが、
どうやらこれも使えなくなりそうです。
代表権が掛かってるレースはもちろんですが、
そうでないレースもタミチャレレギュレーションで運営してますので。

CIMG3000.jpg

これがレギュレーション変更により、ストックしたまま使えなくなった部品たち。
うーん、もったいない・・

けど、早速モーター、タイヤ、ボディ注文しよっと。



快復してきました
私はいつも熱が出ると長引くのですが、今回は思ったより早く熱が下がりました。
とはいっても、まだ体が重く、中にまだ菌がいる感じがしますが。
パソコンを見る元気も出てきたのでまたネタを。

先回の掛川レースでのハプニングです。

昼食をとり、休憩していたらトイレに行きたくなりました。(個室の方です)
なんの疑いもなく用をたして・・とまで書けばおちは想像つくでしょう。

お約束の、紙がない!です。
しかーし、そこで慌ててはいけません。
絶対に、棚の上とか、水タンクの上に予備が置いてあるものです。

周りを見渡すと、ほーら・・ん?予備もねーじゃん!

私は一瞬戸惑いましたが、名案が思い浮かびました。
携帯で、会場に来ている友達にSOSを出して紙を貰ってきてもらおう。
慌てても冷静な判断ができなくなるだけです。
我ながらナイス!さて電話と・・ポケット間違ったかな・・あれ?えっ?
携帯、ピットテーブルに置いてきてんじゃん!

脱出不可能、完敗です。←なんだよそれ。

そこへ、人が入ってきました。
こうなったら恥ずかしいとか言ってる場合ではありません。

個室のドアを少し開けて、「すみませーん」と私。
その人はびっくりしてました。

そりゃ、通常ありえないとてもイレギュラーな所から
顔を出して声をかけられたら誰だってびっくりするわい!

その方はとてもやさしく対応して下さって、
「おう。紙、もらってきてやるよ。とりあえずこれ使ってて。」
と隣の個室の紙を渡してくれて、脱出することができました。

ものすごーく時間が長く感じたのは、言うまでもありません。
運行前点検は忘れずに。